japan

true

インタフェースロボット ApriPoco™

音声指示を習得して家電・AV機器を操作するインタフェースロボット ApriPoco™(アプリポコ)を開発しました。

従来の音声インタフェースは、あらかじめ決められた単語だけでしか操作ができず、操作失敗の原因となっていました。ApriPoco™は、幼児が親からことばを学ぶように、頭部、腕部、及び腰部の7自由度を活用した親しみやすい動作と音声応答により、ユーザーの音声指示を覚えることができ、習得した単語でユーザーからの音声指示を受け付けます。指示に応じて羽のような腕部を動かし、腕部の先端にある赤外リモコンで家電操作やネット接続のHDDレコーダの録画予約や番組再生を行います。
インタフェースロボット


関連情報

東芝レビュー Vol.63 No.3 (2008), p.39. インタフェースロボット ApriPoco™(736KB/PDFデータ/別ウィンドウで開きます)


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ