Japan

研究開発センター

学生の皆様へ

メンター制度

新人育成プログラム メンターと私:メンター制度2年目

2012年入社 成田 直幸さん

Q:今取り組んでいる仕事は何ですか。
A:HDDのヘッドの設計、セット開発です。研究開発センターですが、仕事の内容としては開発を手伝っています。学生時代の専門に近いですね。もっと知らなければならないことは多いですが、基礎的な技術は活かせているので、恵まれていると思います。
Q:一緒に仕事をしている同僚や職場の雰囲気はいかがですか。
A:職場の雰囲気は最高だと思っています。仕事なので思いどおりに行かないこともありますが、それを感じ取ってフォローしてくれる人が周りにいっぱいいるんです。話し合いも活発ですし、何か質問するにしてもあまり壁を感じない、フランクな雰囲気ですね。
Q:メンターとは日常どのようなやりとりがありますか。
A:入社直後は右も左も判らないので、ずっとメンターを頼ってやってきました。会社の一般的な事柄は、職場に慣れるに従ってメンターを頼ることも少なくなりましたが、業務の流れの中で判らないことや、技術的なこと、メンターが専門にしていることは、今でも聞いています。誰に何を聞くべきかが判ってくると、しかるべき人にダイレクトに聞けるようにもなりました。
Q:将来の夢、今後研究したいテーマはなんですか。
A:スピントロニクスを勉強していたので、HDDに関わらずスピンと呼ばれる技術が一般的なデバイスに入るような流れになればいいと思っています。そこに研究者として貢献するのが夢です。

メンター:高岸さん

Q:成田さんとはどのように関わっていますか。
A:最初は何もかも教えていたのですが、彼は理解力があって独立するのが凄く早かったですね。いつまでも聞いてくる人や、「どうしましょう?」って聞いてからでないと詳細が決められない人もいるのですが、彼はほとんど自分で決めていける感じで、指導する立場としては手離れがよかったです。
Q:成田さんの研究者として輝いているポイントはどこですか。
A:独立心のあるところがいいし、エンジニアとしての強みだと思います。シミュレーションは一人で中にこもるイメージがあると思いますが、実は集めたデータを元にいろんな所にヒアリングしていくという折衝の場面があるんです。それにも向いている人だと思います。
Q:成田さんに託したい夢はありますか。
A:現在は彼が事業部門の開発寄りの仕事をしているので業務の上での関係が無くなってきているのですが、シミュレーションという共通のベースがありますので、活発に情報交換しています。独り立ちしてもらって、私の好きなスピントロニクスに関する研究を引き継いで欲しいと思っています。
2012年入社 成田 直幸さん メンター:高岸さん
高岸さんと成田 直幸さん