東芝映像ソリューション TOP > レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン TOP > レグザブルーレイを使いこなそう!|省電力でエコ

もっと便利に!もっと楽しく! レグザブルーレイを使いこなそう!

TOPに戻る

  • USBハードディスクの増設
  • スカパー!プレミアムサービスLink
  • 省電力でエコ
  • レグザブルーレイ活用術

かしこく上手に節電! | 省電力でエコ

[ここがポイント!]レグザブルーレイは、東芝グループ「製品別環境自主基準(ECP基準)*」に適合しています。省エネ設定を行うことで、かしこく上手に節電することができます。

* ハイビジョンレコーダーの環境自主基準については、当社ホームページ「http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/eco/ecp.html」をご覧ください。

「省エネ待機機能」で待機時の消費電力約0.06W*を実現

瞬速起動に設定した時間帯以外の消費電力を約0.06W*に抑制。

* D-M430/DBR-T660/DBR-T650/DBR-T560/DBR-T550/DBR-T460/DBR-T450/DBR-T360/DBR-T350/DBR-Z620/DBR-Z610/DBR-Z520/DBR-Z510/DBR-Z420/DBR-Z410/DBR-Z320/DBR-Z310が対応しています。(DBR-T670は約0.05W)
(2015年10月現在)

使わない時間帯に自動で節電する「未使用時自動電源OFF(オートオフ)」

設定を「利用する」または「入」にすると、最後の操作から一定時間後に自動でスタンバイ状態になり、無駄な消費電力を抑えます。

不必要な電源供給をカットする「アンテナ電源供給」

「放送受信設定」時にBS・110度CSアンテナへの電源を本機から供給する必要がない場合、「供給しない(共聴)」にすると消費電力が少なくなります。

アンテナ出力をカットして節電する「アンテナ出力切替設定」

本機の地上デジタル出力端子やBS/110度CS出力端子からテレビに接続しない場合、アンテナ出力を「切」にすると消費電力が少なくなります。

※ 分配器を使用してテレビとレコーダーそれぞれで放送を受信している場合は、アンテナ出力を「切」にすることで節電できます。

取扱説明書のダウンロード

※このページの画像はすべてイメージです。