CONTENTS

DBR-T670

仕様

外観・端子

DBR-T670

Front View(CLOSE)

DBR-M590 Front View(CLOSE)

DBR-T670

Front View(OPEN)

DBR-M590 Front View(OPEN)

DBR-T670

Rear View

DBR-M590 Rear View

AUSB端子(AVCHDカメラ、BD-Live™メモリ用)
BminiB-CASカード挿入口
CSDカードスロット
1デジタル光音声出力
2HDMI出力
3USB端子 通常録画/タイムシフト録画(HDD専用)
4無線LANアンテナ
5LAN
6BS・110度CSアンテナ入出力
7地上デジタルアンテナ入出力
8映像・音声入力

このページのトップへ

主な仕様

商品名 レグザサーバー
形名 DBR-T670
記録可能メディア
(ドライブ速度)
ハードディスク 内蔵ハードディスク 3TB
外付けUSBハードディスク

(1台最大6TBまで)
(同時接続は最大4台まで)
(登録は最大8台まで)

外付けSeeQVault™
USBハードディスク*1
SeeQVault™ SDカード*1
ブルーレイディスク BD-R

(片面1層25GB、
Ver.1.1/1.2/1.3準拠)*3

(最高約4倍速)

BD-R DL

(片面2層50GB、
Ver.1.1/1.2/1.3準拠)*3

(最高約4倍速)

BD-R XL

(片面3層100GB、
Ver.2.0準拠)*3

(最高約4倍速)

BD-RE

(片面1層25GB、
Ver.2.1準拠)*3

(最高約2倍速)

BD-RE DL

(片面1層50GB、
Ver.2.1準拠)*3

(最高約2倍速)

BD-RE XL

(片面3層100GB、
Ver.3.0準拠)*3

(最高約2倍速)

DVD*2 DVD-R

(片面1層4.7GB、
CPRM対応、for General)*3

(最高約6倍速)

DVD-R DL

(片面2層8.5GB、
CPRM対応、for General)*3

(最高約4倍速、AVCREC™のみ)

DVD-RW

(片面1層4.7GB、
CPRM対応)*3

(最高約4倍速)

録画方式 内蔵ハードディスク/
外付けUSBハードディスク/
ブルーレイディスク/DVD
MPEG2-TS(ストリーム記録)
MPEG4-AVC、
MPEG2-PS(可変ビットレート対応)
録音方式 内蔵ハードディスク/
外付けUSBハードディスク/
ブルーレイディスク/DVD
AAC(5.1ch)
ドルビーデジタル(2ch)
再生可能メディア ハードディスク 内蔵ハードディスク
外付け
USB
ハード
ディスク
通常録画領域用
タイムシフト
マシン領域用
SeeQVault™
USBハードディスク*1
ブルーレイディスク ブルーレイ3D™
BD-Video
BD-R(片面3層100GB)*3 ●/●
BD-RE(片面3層100GB)*3 ●/●
BD-R XL(片面3層100GB)*3
BD-RE XL(片面3層100GB)*3
DVD*2 DVD-Video
DVD-RAM(片面1層4.7GB
/両面1層9.4GB)
*3*4
DVD-R(片面1層4.7GB)*3
DVD-R DL(片面2層8.5GB)*3
●/●
DVD-RW(片面1層4.7GB)*3
CD 音楽CD、CD-R*3/CD-RW*3
(CD-DAフォーマット/JPEG)
SD/SDHC/SDXCメモリカード
(AVCHD/JPEG)
(内蔵ハードディスクへの
ダビングのみ可能 )
/●
SeeQVault™ SDカード*1
USB(AVCHD/JPEG) (内蔵ハードディスクへの
ダビングのみ可能 )
/●
音声出力 AAC、ドルビーオーディオ、
DTS-HD、L-PCM(7.1ch)
チューナー 地上デジタル*5
/BSデジタル*6
/110度CSデジタル*6
地上デジタル/BSデジタル/
110度CSデジタル:3個
(通常録画用3個*7
端子 入出力端子 映像入力 1系統
2chアナログ音声入力 1系統
USB/SDメモリカード
スロット
2系統*8/1系統
HDMI®出力 1系統
(4K/24p、1080/60p・24p対応、
ディープカラー出力対応*9
デジタル音声出力 1系統[光]
無線LAN ●(内蔵:wi-fi規格IEEE802.11 a/
b/g/n)
ネットワーク端子等 LAN(100BASE-TX/
10BASE-T)
1系統(1000BASE-T)
地上デジタルアンテナ入出力
BSデジタル
・110度CSデジタル
アンテナ入出力
miniB-CASカードスロット 地上・BS・110度
CSデジタル共用:1
本体電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 動作時/BSアンテナ+USB電源供給時 32W/48W*10
通常待機時 約7.8W*11*12
省エネ待機時
(アンテナ出力切替設定:切)
約0.05W*12*13
瞬速起動待機時*14 約15.6W*11*12
年間消費電力量 22.6kWh/年*15*16
外形寸法[幅×高さ×奥行] 430×46×215mm(突起部含む)
430×46×200mm(突起部含まず)
質量 約2.8kg
付属品 ワイヤレスリモコン、リモコン用電池(単四形×2個)、同軸ケーブル、B-CASカード(赤mini B-CAS1枚)、取扱説明書
  • *1) SeeQVault™対応USBハードディスクに直接録画はできますが、「バックアップ・引っ越し用」として初期化した場合、直接録画はできません。また、SeeQVault™対応SDメモリカードへの直接録画はできません。
  • *2) DVDへの直接録画はできません。なお、DVDに標準画質(VR/Video)で記録する場合の速度は、1倍固定となります。
  • *3) ブルーレイディスクおよびDVDによっては、本機で再生/録画/記録できない場合があります。また、今後新たに発売されるディスクや、他機でフォーマットしたディスクについても、本機で再生/録画/記録できない場合があります。
  • *4) カートリッジは非対応。
  • *5) 地上デジタル放送はCATVパススルー対応。
  • *6) デジタル放送のラジオ放送とデータ放送は受信と番組表示のみ可能です。
  • *7) 通常録画用チューナーはタイムシフトマシン用に変更できます。
  • *8) 背面の2系統は、タイムシフトマシン外付けHDD専用および通常録画用外付けHDD専用。
  • *9) 4K/24P出力時は非対応。
  • *10) タイムシフトマシン機能「利用する」時。
  • *11) アンテナ出力設定「入」、地上デジタルアッテネーター「切」時。
  • *12) 待機時消費電力は、以下の設定で測定しております。設定を変えると消費電力が多くなります。
    タイムシフトマシン機能「利用しない」、タイムシフトマシン省エネ設定「省エネモード」、LAN(レグザリンク)連携設定「使用しない」時。
  • *13) 地上デジタルアッテネーター「入」時。
  • *14) 「瞬速起動」を設定時。1日のうち「瞬速起動」で瞬速起動待機ができるのは6時間までです。「通常待機」「省エネ待機」時と比べて消費電力が増えます。
  • *15) 表示値はJEITA基準による算出式を基に算出した参考値です。
  • *16) タイムシフトマシン機能「利用しない」、タイムシフトマシン省エネ設定「省エネモード」、LAN(レグザリンク) 連携設定「使用しない」時。

スペック比較表を見る

同時にできること

DBR-T670の同時にできることをPDF形式でダウンロードできます。

PDFダウンロード(145KB)

免責事項

  • ● インターネットのサーバを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ● サーバ側では、お使いの機器で設定されたチャンネルやキーワードに基づき、番組名、番組説明などの番組データを機器に送信し、番組ナビ内の表示を行ない、サーバ側にはアクセスログとして履歴が蓄積されますが、個人を特定することはありません。 
  • ● サーバで取得した情報は、お客さまのさらなる便宜を図るためや、サービスとして利用する場合があります。情報の取扱については当社の個人情報保護方針をご覧ください。

商品仕様・外観について

  • ● ソフトウェアのスペックは原則として 内蔵ハードディスクを対象として記載しており、DVD、ブルーレイディスク、外付けUSBハードディスクなど他の記録メディアでは機能は制限されます。
  • ● 商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更する場合があります。
  • ● 商品の色は画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

著作権保護技術について

  • ● 本機には合衆国特許権と知的所有権上保障された著作権保護技術 (マクロビジョン方式) を搭載しています。
  • ● 本機に搭載された著作権保護技術は DVD フォーラムで認定された CPRM (Content Protection for Recordable Media)および、次世代著作権保護技術AACS(Advanced Access Content System)に対応しています。

デジタルAV機器について

  • ● 本機は、従来の家電製品と異なり、複雑なソフトウェアで構成される「デジタル AV」製品です。本機の内部は、 ブルーレイディスク/DVDドライブとハードディスクドライブ (以下ハードディスク) が接続されており、コンピューターのように OS (基本ソフト) を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。したがって、電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。また、録画内容の削除等の操作においても、時間がかかる場合があります。
  • ● ハードディスク はその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、ハードディスク の交換(有償)が必要となります。
  • ● 万一、何らかの不具合が発生した場合でも、録画・編集ができなかった内容の補償、録画・編集されたデータの損失、およびこれらに関わるその他の直接・間接の損害につきましては、当社は責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。(以下のような場合も含まれます。本機で録画したブルーレイディスク/DVDディスクを他社のブルーレイディスク/DVDレコーダーやパソコンのブルーレイディスク/DVDドライブにて動作(挿入、再生、録画、編集等。以下同様)させた場合。前述の動作を行なったブルーレイディスク/DVDディスクを、再び本機で動作させた場合。他社のブルーレイディスク/DVDレコーダーやパソコンのブルーレイディスク/DVDドライブにて動作(挿入、再生、録画、編集等。以下同様)させた場合。前述の動作を行なったブルーレイディスク/DVDディスクを、再び本機で動作させた場合。他社のブルーレイディスク/DVDレコーダーやパソコンのブルーレイディスク/DVDドライブで記録したブルーレイディスク/DVDディスクを本機で動作させた場合。)
  • ● 内蔵ハードディスクに故障などのトラブルが発生した場合、ハードディスクに記録されている録画内容が消失してしまう恐れがあります。ハードディスクは一時録画または作業用としてのスペースであり、二度と録画機会がないような大切な映像は、速やかにブルーレイディスク/DVDディスクにダビングして保存しておくことをおすすめします。
  • ● SeeQVault™対応機器で、「バックアップ・引っ越し用」として登録したSeeQVault™対応USBハードディスクに、録画番組などのデータを記録した場合でも、記録したデータが長期的に保管できることを保証するものではありません。
  • ● 記録時間は目安であり、この数値を必ず保証するものではありません。
  • ● HDDの容量は1GB=10億バイト、1TB=1,000GBで計算しています。
  • ● HDMI®ケーブルの接続には、ハイスピード対応HDMI®ケーブルをお使いください。 (ハイスピード対応でないHDMI®ケーブルで接続すると映像や音声が途切れてしまいます。)
    接続確認済みHDMI®ケーブル(2015年8月現在):オーディオテクニカ HDMI®ケーブル AT-HMHシリーズ、 JVCケンウッド HDMI®ケーブル Eシリーズ
    ※東芝のテレビとの接続動作を確認しておりますが、すべてのケーブルでの動作を保証するものではありません。

商標、ライセンスについて

  • ● Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)、Blu-ray 3D™(ブルーレイ3D)、BD-Live™、BONUSVIEW™、BDXL™、AVCREC™および関連ロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ● Dolby、ドルビー、Dolby Audio及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • ● DTS, DTS-HD, the Symbol, & DTS or DTS-HD and the Symbol together are registered trademarks of DTS, Inc. © DTS, Inc. All Rights Reserved.
  • ● HDMIおよびHDMIロゴは、HDMI Licensing LLCのアメリカ合衆国およびその他の国•地域の商標あるいは登録商標です。
  • ● "AVCHD"および"AVCHD"ロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
  • ● "x.v.Color"および"x.v.Color"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。
  • ● OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • ● SD、SDロゴ、SDHC、SDHCロゴは、SD-3C,LLCの商標です。
  • ● Windows、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ● Google、Googleロゴ、Android、YouTube、YouTubeロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • ● Macは、Apple Inc.の商標です。
  • ● DigiOn及びDiXiMは株式会社デジオンの商標です。「DiXiM」は、株式会社デジオンが開発したマルチメディア・ホームネットワーク・ソリューションです。詳しくは、「デジオンのホームページ」(別ウインドウが開きます)をご覧ください。
  • ● DLNA®およびDLNA®認定ロゴは、Digital Living Network Allianceの商標または登録商標です。
  • ● “Wi-Fi CERTIFIED”ロゴは、“Wi-Fi Alliance”の認証マークです。
  • ● Wi-Fi Protected Setupのマークは、“ Wi-Fi Alliance”の商標です。
  • ● SeeQVault™およびSeeQVaultロゴは、NSM Initiatives LLCの商標です。
  • ● その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

※ このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

  •  

※このページの画像はすべてイメージです。