搭載機能:DLNA(R)/DTCP-IP対応

機能一覧

DLNA(R)/DTCP-IP対応イメージ

録画した番組を別の場所のテレビで見る

デジタル機器のオープンな接続環境を実現するDLNA®規格に対応(デジタルメディアプレーヤーとしてDLNA®の認証機関による認定を取得)。DLNA®に対応する各種機器で録画・受信したコンテンツが視聴できます。また、コンテンツ保護規格のDTCP-IPにも対応しています。

DLNA®対応機器に録画したコンテンツを再生する

ハードディスクに録画した番組をDTCP-IP対応サーバーにダビングし、別の部屋にあるテレビ(DTCP-IP対応)で視聴することができます。また、LAN接続したパソコンの動画や音楽データ、写真などを再生*することも可能です。

「別のテレビで録画番組を見る」イメージ

「〈レグザ〉でパソコン内の音楽を再生する」イメージ

「〈レグザ〉でパソコン内の写真を再生する」イメージ

*対応フォーマット:[動画]MPEG2-TS、DVD VR(CPRM対応)、MPEG4 AVC(H.264)、AVCHD/[音楽]MP3、リニアPCM/[写真]JPEG準拠(JFIF ver 1.02準拠)・最大4096×4096・最大サイズ:無制限(4MBを超えるものはサーバーでリサイズ)※これらのフォーマットのすべての再生を保証するものではありません。

※本機能を使用する場合、ホームネットワーク(LAN)を構築し、各機器を接続する必要があります。DLNA®について詳しくはDLNA®ホームページ(Digital Living Network Allianceホームページ)(別ウインドウが開きます)をご覧ください。本機はDLNA認証機関による認定を取得したDLNA認定プレーヤーです。DLNA®、DLNA(R)ロゴはDigital Living Network Allianceの商標または登録商標です。

〈レグザ〉の内蔵/外付けハードディスクに録画した番組をブルーレイディスクやDVDに保存する

「〈レグザ〉の内蔵/外付けハードディスクに録画した番組をDVDに保存する」イメージ

内蔵/USB/LANハードディスクに録画した映像をレグザブルーレイのハードディスク*1にダビング*2できます。さらに、移動(ムーブ)によって、ブルーレイディスクやDVDに残して保存できます。

*1) 内蔵/USB/LANハードディスクはZXシリーズに、USB/LANハードディスクはZ1/Zシリーズに、USBハードディスクはRE1/HE1/H1/R1シリーズに対応しています。

*2) 動作は番組のコピー制御情報に従います。1回のみコピー可能な番組ではムーブになります。

※レグザブルーレイから〈レグザ〉へダビングすることはできません。

DTCP-IP対応サーバーにダビングして番組を共有する

DTCP-IP対応サーバーにダビングして番組を共有する」イメージ

〈レグザ〉から、ローカル暗号でUSBやLANハードディスクに録画されている番組をDTCP-IP方式で保護してDTCP-IP対応サーバー*1にダビング*2できます。ダビングされた番組は録画した〈レグザ〉以外にもさまざまなDTCP-IP対応テレビで共有して試聴できます。

*1) すべてのDTCP-IPサーバーにダビングできるわけではありません。

*2) 動作は番組のコピー制御情報に従います。1回のみコピー可能な番組ではムーブになります。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ