東芝映像ソリューション TOP > テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > J10Xシリーズ | 音質 | レグザパワーオーディオシステム

J10Xシリーズ

レグザパワーオーディオシステム

スピーカーとエンジンによる迫力の低音再現
レグザパワーオーディオシステム

「レグザパワーオーディオシステム」イメージ

先進の音響技術を駆使した、レグザ渾身の音響システム。豊かな低域再生を実現する「ラビリンスバスレフ型BOX」と組み合わせた「高能率&高耐入力スピーカー」を合計出力30Wのハイパワーアンプで駆動し、インビジブルスピーカーでありながら、明瞭な音声と迫力の低音を再現しました。

特殊構造のバスレフボックスで
豊かな低音を実現
ラビリンスバスレフ型BOX

インビジブルでも
力強い音を再現
高能率&高耐入力スピーカー

「ラビリンスバスレフ型スピーカー」イメージ
「高能率&高耐入力スピーカー」イメージ

限られた容積の中で、効果的に低域再生限界を改善するラビリンスバスレフ型BOXにより、豊かな低域再生を実現しました。

能率と耐入力を改善したスピーカーと合計出力30Wの高出力アンプの組み合わせにより、パワフルなサウンドを実現しました。

奥行きと広がりのある
音場を再現
シネマサラウンド

大出力時の歪発生を抑え、
実用音量域での低域特性を改善
インテリジェントレベルコントロール

「シネマサラウンド」イメージ

スピーカーユニットの特性に合わせ帯域ごとのコンプレッションレベルを適切化することで、大出力時の歪低減と厚みのある音質を実現。また、アタックタイムを高速化し、ブリージングの発生を低減し不自然さの少ないレベル制御を可能にしました。

新しいアルゴリズムにより、奥行き感あふれる、音質変化の少ないサラウンドを搭載。自然な音の広がりと明瞭な音声を実現することで、映画の登場人物の声もリアリティあふれる音場で再現します。

 

レグザの高音質の仕組み

正確でクリアな低音を再現
レグザ サウンド イコライザープロ

再生音域を621バンド以上の高分解能&高精度な補正により周波数軸補正と時間軸特性を適正化します。さらに4キロヘルツ以下の低音域に対し、従来の約6.7倍もの緻密な低音領域制御を実施し、フラットで明瞭な低域再生を実現します。

合計621バンドの制御によって従来比6.7倍*の高分解能で低音域を補正し
フラットで明瞭な低域再生を実現

フラットで明瞭な低域再生を実現

* Z8Xシリーズとの比較。 ※ グラフはイメージです。

壁掛け時も自然なサウンドを再現する壁掛けモード搭載

「壁掛けモード搭載」 イメージ
一般的に、壁掛け設置時は壁面の影響により低音域が過度に強調されがちです。壁掛けモードに切り替えることで、低音のバランスを整え、壁掛け設置に適した自然な音を再現することができます。

音楽番組をキレのあるサウンドで楽しめる
理想インパルス再現技術

FIR(finite impulse response)フィルターによる高精度な周波数軸補正と時間軸補正を行い、インパルスレスポンスを改善。ギターやドラムのアタック音まで忠実に再現します。

「理想インパルス再現技術」 イメージ

心地よいリスニングエリアを拡大
3次元空間測定×時間軸解析=4次元補正技術

スピーカー前面の空間を立体的に測定する3次元空間測定とそこから抽出されたデータを時間軸で解析することで、聴覚心理に基づいたサウンド補正が可能。指向特性により発生するピークを抑えリスニングエリアを拡大。部屋内の広いエリアで心地よいサウンドを楽しめます。

「3次元空間測定×時間軸解析=4次元補正技術」 イメージ

画面から聞こえてくるような音像再現
音像補正技術

仮想音源シミュレートに基づいた音像補正技術により不明瞭な音像定位を改善。スピーカー位置ではなく、画面から音が聞こえるような自然な音像再生を可能とし、映像と音声が融合した違和感のない再生を実現しました。

「音像補正技術」 イメージ

筐体の共鳴による不快音を低減
筐体共鳴不快音低減技術

時間軸解析を加え、筐体共鳴成分を効果的に抑制。従来は困難だった筐体の共鳴による不快な音を排除することで、ノイズの少ないクリアなサウンドを実現しました。

「筐体共鳴不快音低減技術」 イメージ
閉じる

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ