Toshiba

液晶テレビ レグザ

東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > 商品ラインアップ一覧 > X910シリーズ | 高画質 | さまざまな高画質技術
  • 高画質
  • さまざまな高画質技術

さまざまなHDR放送や動画配信に対応

「4K HDR放送」対応

「スカパー!プレミアムサービス*1」「ひかりTV 4K*2」にて放送される「HLG(Hybrid Log-Gamma:ハイブリッドログガンマ)」方式*3のHDR放送に対応します。さらに「Netflix」、「ひかりTV 4K*2」にて配信される4K HDRコンテンツにも対応。立体感、奥行き感のあるリアルな4K HDR映像を楽しめます。

  • 「ひかりTV 4K」 イメージ
  • 「スカパー!」 イメージ
  • 「NETFLIX」 イメージ

*1) 「スカパー!プレミアムサービス」の4K放送を視聴するためには、スカパー!プレミアムサービス対応のアンテナ(別売)、および「スカパー!プレミアムサービス」の契約が必要です。また、スカパー!ICカードを使用しますが本製品には同梱しておりませんので、スカパー!カスタマーセンターに電話またはWEBサイトからお申込みください。サービス側の指定による録画禁止コンテンツの録画はできません。

*2) 「ひかりTV 4K」は、株式会社NTTぷららおよび株式会社アイキャストが運営しているスマートTVサービスです。ご利用になるには、サービスのご利用契約とフレッツ光回線、またはコラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスのご契約が必要となります。

*3) Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ・HLG)は、日本放送協会(NHK)と英国放送協会(BBC)が共同で開発し、一般社団法人 電波産業会(ARIB)で標準化されたHDRテレビ方式です。従来のテレビ方式との高い互換性を持ちながら、明暗の表現において従来よりも広いダイナミックレンジを持ち、自然な描写が可能になります。

●「スカパー!プレミアムサービス」について
※ 「スカパー!プレミアムサービス」を視聴・録画するには、別途「スカパー!プレミアムサービス」対応のアンテナ、および「スカパー!プレミアムサービス」の契約が必要です。
※ 「スカパー!プレミアムサービス」放送は、2番組同時に録画することはできません。
※ 「スカパー!プレミアムサービス」の放送を録画しているときは、「スカパー!プレミアムサービス」の放送では、録画中の番組のみ視聴することができます。
●「NETFLIX」について
※ 「Netflix」はNetflix, Inc.が運営するサービスです。
※ 「Netflix」のご利用には契約・使用料などが別途必要です。なお、4K HDRコンテンツの視聴には、4Kコンテンツの視聴 に対応した料金プランの契約が必要です。
※ 詳しい情報はNETFLIX.JPをご覧ください。
※ 「Netflix」はNetflix, Inc.の商標です。
※ 「Netflix」の録画には対応していません。
●「ひかりTV 4K」について
※ 「ひかりTV 4K」は株式会社NTTぷららが提供する映像配信サービスです。ビデオオンデマンドの受信のみ対応。
※ 「ひかりTV 4K」のご利用には、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線のご契約が必要となります。なお、サービスのお申し込み、ご利用は日本国内、個人のお客さまに限ります。
※ 詳しくは、「http://www.hikaritv.net/4k/]をご覧ください。
※ 「ひかりTV 4K」の録画には対応していません。

その輝きとコントラストで、心奪われる映像美を実現

HDMI®規格 HDR入力対応

HDMI®接続時のHDR信号(Ultra HD Blu-ray™のHDR信号)入力に対応。HDRフォーマットコンテンツの、リアルで立体感ある精細な映像が高画質で楽しめます。有機ELパネルとエンジンによる相乗効果で、さらなる高コントラスト映像を実現しています。

視聴環境に合わせて、適切な映像に自動調整

おまかせオートピクチャー

おまかせオートピクチャー

テレビを見るお部屋の環境や映像によって、適正な画質は常に変化します。しかしこれまでは、買った時のまま画質の設定を変えず、見る環境や映像に合っていない画質で視聴していた人がほとんどでした。そこで場所や時間帯・室内照明など刻々と変化する視聴環境や、映像の種類をリアルタイムに検知・解析し、常に美しい画質に自動で調整。自分で細かく設定しなくても、設置したその日から視聴するお部屋や映像にぴったりの画質が手軽に楽しめます。

レグザならいつでも自動で最適画質!

  • 日中の明るいお部屋でもメリハリのある映像に

    「日中の明るいお部屋でもメリハリのある映像に」 イメージ
  • 夜、照明を灯したお部屋でもまぶしすぎない明るさに

    「夜、照明を灯したお部屋でもまぶしすぎない明るさに」 イメージ

*X910シリーズで再現できる範囲において。

見る環境によって印象が大きく変わる?

たとえば同じ赤いリンゴでも、光の当たり方や照明の種類によって、黄色っぽく映ったり、青みがかって映ったりします。テレビ画面も同じように、見る環境で印象が変わるため、適切な映像調整を行う必要があります。レグザは、その映像調整を自動で行います!

  • 「電球」 イメージ
  • 「蛍光灯」 イメージ
  • 1

    2

    3

    4

    「部屋の明るさを把握」 イメージ
  • 部屋の明るさを把握

    • 照明環境を推定!

      お住まいの地域情報と季節・時間帯の情報をもとに「日の出」「日の入り」の時刻を割り出し、照明環境を推定します。

    • 周囲の明るさを認識!

      「明るさセンサー」で周囲の明るさを認識。その明るさに適した画質に自動調整します。

    • 室内の明かりの種類を認識!

      「外光あり」か「外光なし」かを設定すれば、昼間の明かりが太陽光か室内照明かを判断。室内の明かりの種類に応じてテレビの色温度を制御します。

    • 照明の種類(電球色/蛍光灯色)を認識!

      照明を点けている場合、「電球色」か「蛍光灯色」かを設定すれば、色温度に合わせて画質を調整。さらに6144項目×2種類ものカラーマネジメントを調整することで、肌色を高精度に再現します。

    • コンテンツの種類を把握

      映像が「ビデオ素材」か「フィルム素材」かを検出。ブルーレイディスクなどの映像を見るときは自動で映画館に近い画質に調整します。さらに番組表からジャンル情報を読み取り、映画なら映画に、アニメならアニメに適した画質で映像を楽しめます。

    • 画面サイズに合わせて画質を調整

      画面のサイズも考慮して映像を調整。“明るさの増減”や“背景の影響を考慮した映像調整”を行うことで、画面サイズに適した映像を再現します。

      「画面サイズに合わせて画質を調整」 イメージ

      中型画面は目に入る光の総量が「少なく」、テレビの背景(壁紙やカーテン)による影響が「大きい」。大画面は光の総量が「多く」、背景による影響が「少ない」と判断し、各画面サイズに適した映像調整を実施。

    • 背景の色も考慮

      テレビの後ろの背景色は、視聴する際に目が影響を受けやすい事由の1つです。そこで、カラーパレットから背景色を選択することで、壁紙やカーテンの色も考慮して画質を自動調整します。

      「背景の色も考慮」 イメージ

おまかせオートピクチャーはここまでおまかせ!

あなたのお部屋&コンテンツの種類に合わせた画質に自動調整!

  • CASE1

    新パネルを採用したことで、日中のリビングの明るさに負けないクッキリと色鮮やかな映像を実現!

    「おまかせオートピクチャーはここまでおまかせ!01」 イメージ
    部屋の明るさ 非常に明るい テレビの背景色 白 画面サイズ 50V型 視聴コンテンツ サッカー
  • CASE2

    照明に合わせ、繊細で落ち着いた色使いに。まぶしすぎない明るさを保ちつつ、アニメに適した画面へ調整!

    「おまかせオートピクチャーはここまでおまかせ!02」 イメージ
    部屋の明るさ 明るい テレビの背景色 青 画面サイズ 58V型 視聴コンテンツ アニメ 照明 蛍光灯
  • CASE3

    映画を鑑賞するときには、フィルム素材の24コマに合わせて、映画館の映像に近い画質に自動調整!

    「おまかせオートピクチャーはここまでおまかせ!03」 イメージ
    部屋の明るさ 暗い テレビの背景色 ブラウン 画面サイズ 65V型 視聴コンテンツ 映画
膨大な画質調整項目をコントロール
  • カラーマネジメント
    6144項目×2

  • 画面の大きさ

  • 色温度
    1024種類

  • ダイナミックガンマ
    128段階

  • 明るさ
    100段階

  • 色の濃さ
    64段階

  • シャープネス
    32段階

  • 超解像技術
    32段階

  • 壁の色
    24段階

  • 日差しや照明の種類

豊かな表現力を引き出すAI高画質

AI深層学習シーン解析高画質

人間の脳を模した5層の「ニューラルネットワーク」による深層学習によって入力映像を高精度にシーン解析。
映像の種類を認識することにより、自動画質調整の精度を向上。

「AI深層学習シーン解析高画質」 イメージ

プロ向けの映像クオリティをご家庭でも

モニター(D93/D65/D50)

映像のプロフェッショナルのためのプロユースモニターに近い画質で使用できるよう、適切な推奨画質設定ができます。 入力する映像の色温度によって、「D93」「D65」「D50」が選択可能です。ALL4:4:4/フル12bit映像信号処理。

「モニター(D93/D65/D50)」 イメージ

素材の美しさをさらに引き出す

ピュアダイレクトモード

HDMI®機器から高解像度高画質コンテンツ(プログレッシブ4:4:4映像)をOLEDレグザエンジンBeauty PROにダイレクトに入力することで、ALL12ビット4:4:4で映像処理を実施。素材が本来持っている情報を引き出します。放送波やインターレース信号は高画質専用エンジンがALL12ビット4:4:4で映像処理します。

「ピュアダイレクトモード」 イメージ

※ 4K倍速モードが24p/30p入力時はフィルムモード固定、60p入力時はオフ固定になります。

動きのある映像もなめらかに楽しめる

「ハイクリア」/「ハイモーション」ドライブモード

有機EL専用の特殊な映像振幅段差駆動によってホールドボケを抑制する「ハイクリア」「ハイモーション」ドライブモードを搭載。このモードは動き予測による補間映像生成を使わずに、動画性能を改善しますので、一般的な倍速駆動特有の補間エラーが発生せずに動きのある映像も自然でクリアに再現します。

「「ハイクリア」/「ハイモーション」ドライブモード」 イメージ
「ブレンド図」 イメージ

* フレームA+B、A+Cのブレンド図は、イメージ図です。実際とは異なります。

ネット配信の映像を、通信量に応じた適切な4K映像へ

ネット映像オートピクチャー

通信量に応じて変動する解像度をリアルタイムに判別し適切な超解像処理・ノイズリダクションを加えることで、スムーズで高精細な4K映像を再現します。

「ネット映像オートピクチャー」 イメージ

レコーダーの録画番組、ブルーレイの映像をより美しく

HDMI®入力自動画質調整

接続したレコーダーで録画した番組かブルーレイソフトの映像かをHDMI®の音声フォーマットから認識し、それぞれのコンテンツに適した画質に自動調整。外部入力の映像も、レグザで受信した放送と変わらない美しさで楽しめます。

※ HDMI®自動画質モード設定でコンテンツ連動オンの時に動作

※ レコーダーのHDMI®の音声出力フォーマットは「ビットストリーム」で動作

コンテンツに合わせて適した映像を再現

映像メニュー

アニメやサッカー/ゴルフ、映画やゲームなど、さまざまなコンテンツをよりこだわりの画質で楽しめる映像メニューを搭載。コンテンツに合わせて適した映像を再現し、魅力を引き立てます。

  • おまかせ

    視聴環境に合わせた映像調整をすべてテレビにおまかせ。

  • あざやか

    日中の明るいリビングで、迫力ある映像を楽しむ時に適した設定です。

  • 標準

    室内で落ち着いた雰囲気で楽しむ時に適した設定です。

  • サッカー/ゴルフ

    サッカーやゴルフなど、芝をフィールドにしたスポーツを美しく楽しめます。ピッチの芝目やグリーンの起伏、ボールを立体的に再現します。

  • アニメ

    地デジの最新アニメはもちろん、ブルーレイディスクのアニメや昔のセルアニメまでも美しくする専用モードを搭載。多彩なアニメモードによって、美しいアニメーションが堪能できます。

  • ライブプロ

    テレビ番組やライブ映像を見るときに適した設定です。

  • 映画プロ

    映画を見る時に適した設定です(暖かみのある色あいが再現されます)。

  • ディレクター

    映像製作用モニターに近い設定です。 ※ HDMI®入力の場合に選択できます。

  • ゲーム

    ゲームのレスポンスを重視した、ゲームをするのに適した設定です。 ※ HDMI®入力、ビデオ入力の場合に選択できます。

  • モニター/PC

    パソコンの画面を表示するのに適した設定です。 ※ HDMI®入力の場合に選択できます。

  • 写真

    写真(JPEG画像)を表示するのに適した設定です。 ※ 写真再生の場合に選択できます。

映像の種類に合わせて画質を調整できる

コンテンツモード

視聴したい映像の種類に合った画質になるように設定できるコンテンツモードを搭載。4K放送やネット動画など、テレビ放送以外の映像に対しても画質を調整し、映像の魅力を引き立てます。

    • 4K-BD

      4K映像をそのままの画質で再生するモードです。まるでその場にいるかのような臨場感たっぷりな映像が楽しめます。

    • 4KマスターBD

      4Kマスターのブルーレイディスクの再生に適したモードです。映像本来の美しさが存分に楽しめます。

    • ハイビットBD

      高階調(36ビット)で収録されたブルーレイディスクの再生に適したモードです。キメ細やかな映像美が堪能できます。

  • 「コンテンツモード」 イメージ
    • 4K放送

      放送(HEVC)で圧縮された信号から4K映像本来の美しさを復元し、4K放送・配信をさらに高画質で再現します。

      「4K放送」 イメージ
    • 放送

      テレビ放送の映像に適したモードです。ハードディスクレコーダーから外部入力した過去の録画番組も高画質で再生できます。

      「放送」 イメージ
    • BD

      通常のブルーレイディスクの再生に適したモードです。作品が持つ映像の醍醐味が味わえます。

      「BD」 イメージ
    • DVD

      DVDの再生に適したモードです。映画、音楽、スポーツなど、さまざまなコンテンツの魅力を引き立てます。

      「DVD」 イメージ
  • ※ このページの「4K」画素数はすべて3840×2160です。
  • ※ このページの画像はすべてイメージです。
  • ※ Blu-ray Disc™ (ブルーレイディスク)、Blu-ray™ (ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray™は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
  • ※ HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。
  • ※ その他、このページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
このページのトップへ