お問い合わせ

2015年06月10日

お客様各位

東芝ライフスタイル株式会社

「全面直下LED」と新開発映像エンジンを搭載し、高輝度・高画質映像を実現した
「4Kレグザ G20Xシリーズ」を発売
-HDMI新規格HDRフォーマット入力にバージョンアップ対応注1

平素は、弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

 当社は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、高輝度で広色域の「全面直下LED」と新開発の映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載し、リアルで立体感ある精細な映像を実現した55V型、49V型、43V型の4K注2テレビ「G20Xシリーズ」を6月30日から発売します。加えて、この新製品はHDMI新規格のHDR(ハイダイナミックレンジ)フォーマット入力にバージョンアップ対応します。

 上位モデルのZ10X、J10Xシリーズに加えて、この新製品でレグザ4K注2モデルを3シリーズに拡充します。

【G20Xシリーズ商品情報】 http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/g20x/index_j.html

 新製品は、上位モデルと同様に、液晶パネル背面全体に高輝度広色域LEDを配置し広い輝度レンジを実現した「全面直下LED」で立体感のあるリアルで精細な映像を高画質で再現します。

 新開発の映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」に、いつも見ている地上デジタル、BSデジタル放送や、ブルーレイソフトの映像も4K注2画素の緻密な映像で映し出す「4Kマスターリファイン」などの高画質機能を搭載しました。これにより、高輝度広色域の「全面直下型LED」と相まって、精細感や自然な色彩、輝きある映像を再現します。また、従来のレグザエンジンCEVOに比べ約3倍の処理能力を持ち、快適な操作性を実現しています。

 加えて、従来よりも高コントラストなHDRフォーマット映像のHDMI入力にもバージョンアップで対応注1します。

 他に、“好きな番組やネット動画をすぐ楽しめる”「みるコレ」注3サービスを加えたレグザクラウドサービス「TimeOn」に対応します。このサービスにより、お気に入りのジャンルや人名などから、録(と)り貯めた番組やYouTube™動画を一覧からすぐに選んで楽しめます。お気に入りの番組を自動録画したり、録画予約したりできます。

 今後、「ひかりTV 4K」、「NETFLIX(ネットフリックス)」、「4Kアクトビラ」など、さまざまな4Kのネット配信サービスにも対応を予定しています注4

 録画機能注5では、地デジ3チューナーに加えBS/110度CSデジタルチューナーを3チューナー内蔵することで、地デジやBS/110度CS放送のチャンネルを視聴しながら、放送時間が重なった2つの番組をUSBハードディスクに同時に録画できる「BSも地デジも見ながらW録」を搭載しています。

 また、「SeeQVault」に対応注6することで、本機でSeeQVault対応USBハードディスクに録画した番組を、当社SeeQVault対応のレグザブルーレイに接続して手軽に視聴したり、簡単にブルーレイディスクに残すことができます注7。将来テレビを買い替えるときも、SeeQVault対応のテレビへなら、SeeQVault対応USBハードディスクに録画しておけば簡単に録画番組を引っ越しできます。

 さらに、「タイムシフトマシン」対応の「レグザサーバー」を接続することで、テレビのリモコン1つでタイムシフトマシン内蔵モデルのように快適に使用できる「タイムシフトリンク」を搭載しています。

注1 2016年2月にソフトウェアのアップデートで対応予定です。

注2 画素数は3,840×2,160です。

注3 2015年7月中にサービス開始予定です。

注4 「ひかりTV 4K」「NETFLIX」は2015年9月、「4Kアクトビラ」は2015年内にそれぞれソフトウェアアップデートで対応予定です。視聴にあたっては、それぞれのサービスとの契約やインターネット接続などが必要になります。
「NETFLIX」のサービスの詳細については、今後、NETFLIX社から発表される予定です。

注5 USBハードディスク接続時に対応しています。

注6 ソフトウェアアップデートで2015年10月に対応予定です。

注7 対象はSeeQVault対応の東芝のテレビやレコーダー、PCであり、他社機器への動作を保証するものではありません。番組は通常録画番組として録画されますので、SeeQVault形式へ変換する必要があります。4Kコンテンツは、SeeQVault形式の番組に変換できません。

以上


REGZAトップページへ

東芝映像ソリューション株式会社個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright