お問い合わせ

2016年04月19日

お客様各位

東芝ライフスタイル株式会社

前面スピーカーで迫力ある高音質を実現した
高画質4Kレグザ「M500Xシリーズ」の発売について
-HDR入力対応注1と省エネ設計注2のスタイリッシュモデル-

平素は、弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

 当社は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、画面の前面にスピーカーを配し、明瞭で迫力あるサウンドと、シンプルでスタイリッシュなデザインの58V型、50V型、40V型の4Kレグザ「M500Xシリーズ」を6月下旬から発売します。さらに、40V型はブラックに加え、4Kテレビとしては初注3のインテリアに映えるホワイトモデルも商品化します。

【プレスリリース情報】
 https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/160419_2.htm

【M500Xシリーズ商品情報】
 http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/m500x/index_j.html

 新製品は、高画質映像処理エンジン「4Kレグザエンジン HDR」を採用し、パネルの持つ表現力を引き出し、高いコントラストで鮮やかな色彩の高画質を実現しています。

 また、地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送用のチューナーをそれぞれ3基ずつ搭載したことで、番組を見ながら、同時刻に放送中の地上/BS/110度CSデジタルの2番組を、外付けUSBハードディスクに録画注4することができます。

 さらに番組名、ジャンルやタレント名などから好きな番組をすぐに見つけられる「みるコレ」注5を搭載し、興味のある地デジ/BS/110度CSデジタルの番組を自動的に録画する「おまかせ録画」に対応しています。また、さまざまな動画配信サービスに対応し、新たに動画配信サービスdTV注6にも対応しました。さらに、Netflix注6やひかりTV 4K注6の4K HDRコンテンツが視聴できるようになりました。

 また、正面から見えないように配置された「ラビリンスバスレフ型BOX」採用スピーカーで、視聴をさまたげることなくクリアな高音質が楽しめます。

また、画面とスピーカーをプレーンなフォルムに包み込むことで、インテリアと親和性のある水平・垂直を基調としたシンプルなデザインを実現しています。

・4Kの画素数は3,840×2,160です。

注1 HDMI®入力時、Ultra HD Blu-ray™のHDR(ハイダイナミックレンジ)規格映像に対応

注2 58M500X: 年間消費電力量107kWh/年 省エネ基準達成率251%、50M500X: 年間消費電力量 94kWh/年省エネ基準達成率 229%、40M500X: 年間消費電力量 81kWh/年 省エネ基準達成率185%

注3 2016年4月19日現在、国内で販売されている3,840×2,160画素の4K液晶テレビにおいて(当社調べ)。

注4 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。

注5 「みるコレ」についての詳細はレグザクラウドサービス「TimeOn」ページ[http://www.timeon.jp/]をご覧ください。

注6 YouTube™、Netflix 、dTV 、については、それぞれ2016年4月にソフトウェアアップデートで対応予定です。詳細は(http://video.dmkt-sp.jp/)をご参照ください。Netflixについて詳細はNETFLIX.JPをご参照ください。ひかりTV 4Kについて詳細は(http://www.hikaritv.net/4k/)をご参照ください。また、それぞれの配信サービスをご利用するには契約・使用料などが別途必要です。

※Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray™は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
※HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。
※SeeQVaultは、NSM Initiatives LLCの商標です。
※その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上


REGZAトップページへ

東芝映像ソリューション株式会社個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright