お問い合わせ

2017年05月25日

東芝映像ソリューション株式会社

4Kレグザ「X910」「Z810X」「BZ710X」「M510X」の
HDMI®規格「HDRフォーマット(HLG方式)」入力対応について
~4KBS・110度CSチューナー接続時のHDR放送視聴に対応~

 今後発売される別売の4KBS・110度CSチューナーを接続して、2018年12月から開始予定のBS・110度CSによる4K放送のHDR放送を高画質にお楽しみいただけるよう、4Kレグザ「X910」「Z810X」「BZ710X」「M510X」のHDMI®端子をHLG(Hybrid Log-Gamma)方式のHDRフォーマット入力に対応いたします。

 HDMI®規格のHLG方式でのHDRフォーマット入力は、2016年12月にHDMIフォーラムにて規格化されました。

 すでに対応しているUltra HD Blu-ray™のHDRフォーマット入力とともに、今回、HLG方式のHDRフォーマット入力にも対応することで、外部機器との接続時にさまざまなHDRの高画質コンテンツをお楽しみいただけます。

HLGイメージ画像

【対象製品と対応時期】

X910シリーズ(65X910/55X910)5月30日バージョンアップで対応予定

Z810Xシリーズ(65Z810X/58Z810X/50Z810X)5月30日バージョンアップで対応予定

BZ710Xシリーズ(55BZ710X/49BZ710X)対応済み

M510Xシリーズ(58M510X/50M510X/40M510X)対応済み

 同時に、4K有機ELレグザ「X910」、4K液晶レグザ「Z810X」は、スポーツの動画配信サービス「DAZN」に対応するとともに、地上デジタル放送などで、ゆっくりとした動きのあるシーンもさらに高精細に再現する「地デジビューティ PRO」に対応します。また、4K有機ELレグザ「X910」では、暗部の階調表現をさらに向上させ、映画や音楽コンサートなどの暗いシーンなどでさらなる高画質を実現するバージョンアップも実施します。

 本バージョンアップは無償で実施いたします。

注 Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ・HLG)は、日本放送協会(NHK)と英国放送協会(BBC)が共同で開発し、一般社団法人電波産業会(ARIB)で標準化されたHDRテレビ方式です。従来のテレビ方式との高い互換性を保ちながら、明暗の表現において従来よりも広いダイナミックレンジを持ち、自然な描写が可能になります。

※ 4Kの画素数は3,840×2,160です。

※ 「DAZN」のコンテンツは録画できません。

※ 「DAZN」はPerform Groupが運営するスポーツの動画配信サービスです。視聴するためには、インターネットへの接続と、DAZNへの登録・使用料などが別途必要です。詳しい情報は https://www.dazn.com をご覧くだい。(別ウィンドウが開きます)

※ HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。

※ Blu-ray Disc™、Blu-ray™、Ultra HD Blu-ray™は、Blu-ray Disc Associationの商標です。

※ 本ページに記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

本件に関するお問い合わせ窓口

『東芝テレビご相談センター』 受付時間 :9:00~18:00

一般回線・PHSからのご利用:フリーダイヤル(通話料無料) 0120-97-9674
※IP電話、携帯電話はご利用にはなれません。

携帯電話からのご利用:ナビダイヤル(通話料有料) 0570-05-5100

IP電話からのご利用:(通話料有料) 03-6830-1048

FAXからのご利用:(通信料有料) 03-3258-0470

以上


REGZAトップページへ

東芝映像ソリューション株式会個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright