専門誌で最高評価! 4Kを画質で選ぶならZ10X&J10Xがおすすめです。 ※画素数は3840×2160です。

Z10XSERIES J10XSERIES

全面直下LEDを採用したプレミアム4Kレグザ、Z10X/J10Xシリーズ。 その製品コンセプトや性能・技術力が、専門誌から最高評価をいただきました。

HiVi グランプリ 2014 受賞

65Z10X HiViグランプリ

HiVi グランプリ 2014

年に一度、その年のAVシーンを牽引した優秀製品を選定します。選考委員は、審査委員長が麻倉怜士氏、審査委員に潮晴男氏、小原由夫氏、高津修氏、藤原陽祐氏、山本浩司氏の6名の評論家諸氏及び、「HiVi」編集長の7名で構成。選考委員の投票により受賞製品を決定します。

第1位 受賞 58Z10Xディスプレイ部門Ⅴ画素数4K以上(50型以上59型以下) 43J10Xディスプレイ部門Ⅳ画素数4K以上(49型以下) HiVi 2014 冬のベストバイ

株式会社ステレオサウンド発行の雑誌「月刊HiVi」が主催する賞。AV評論家諸氏が、市場を賑わせているオーディオビジュアル製品から、価格対満足度の高いモデルをランキング形式で決定します。

総合金賞 受賞 Z10XシリーズJ10Xシリーズ4Kレグザ 金賞 受賞 58Z10X 4Kテレビ(50型以上60型未満) VGP 2015

映像とサウンドを中心としたホームエンターテインメント文化発展のために創設されたアワード。評論家諸氏をはじめ、100店余の有力販売店が選考に参加。ホームエンターテインメントを豊かにする性能・技術・コンセプトを具現した製品に各賞が贈られます。

65Z10X

2014 HiVi グランプリ

受賞製品評価のポイント

高度な技術とキャリアの豊富さは追随を許さない
凄まじい熟成度の画質を獲得した今期最強の4Kテレビ。

4K放送対応スカパー!チューナーを唯一搭載。USB HDDに録画も可能。

全面直下型LEDバックライトと広色域復元システムにより、輝度と色彩表現のレンジが一挙に拡大。

Z9Xで初採用されたパネルやエンジンの使いこなしをより突き詰め、画質の熟成度が大きく高まった。

ローカルディミングを含む、コントラスト制御技術の高さ。

「4Kマスターリファイン」による、特に地上デジタル放送の色再現は抜群。

タイムシフトマシンなど、機能装備の充実にも注力。

「こんな機能があったら」と思う機能が実現されていく、映像イコライジング機能の懐の深さ。

58Z10X

第1位 HiVi 12月号 冬のベストバイ ディスプレイ部門Ⅴ 画素数4K以上(50型以上59型以下)受賞製品評価のポイント

Z9Xから培われた絵づくりが、今回高次元で進化、
ブラッシュアップされた点、その結果の高画質。

業界初*1の4K放送対応*2、4K配信にも対応*3で高精細な4K放送をこの1台で楽しめる。

(他社より一段レベルの高い)非常に高い2Kコンテンツの4Kアップコンバート性能。

Z9Xで評価が高かったタイムシフトマシンがさらに使いやすくなったこと。

4Kチューナー内蔵、画質、機能と総合的に高評価。

金賞 「AV REVIEW」12月号 4Kテレビ(50型以上60型未満) 受賞製品評価のポイント

4Kチューナー内蔵により、初の4Kテレビである。

「4Kマスターリファイン」により、今あるすべてのコンテンツに対する絵づくりの高さ。

広色域を積極的に活用しながら、色がナチュラルかつきれいに見られるテレビとしてNo.1。

43J10X

第1位 HiVi 12月号 冬のベストバイ ディスプレイ部門Ⅳ 画素数4K以上(49型以下)

受賞製品評価のポイント

40インチクラス(小型モデル)で、高いレベルの4Kテレビを提案した点。

40インチクラスで〈IPS+直下型バックライト〉モデルという特別な存在であること。

Z10Xとほぼ同じグレードの映像処理回路を搭載していること。

総合的な絵づくりのレベルの高さ。

レグザサーバーとのコンビネーションで、タイムシフトマシンも加えられる拡張性があること。

Z10X SERIES & J10X SERIES

総合金賞 「AV REVIEW」12月号 4Kテレビ (50型以上60型未満)

受賞製品評価のポイント

直下型LEDバックライトの搭載と部分制御技術による高画質化に加えて、4K放送*2の受信(Z10X)と4K VODサービスに対応した初の4Kテレビ(Z10Xのみ)の開発とその広範な製品展開に対して。

40インチクラスで〈IPS+直下型バックライト〉モデルという特別な存在であること。

幅広いラインアップ展開とテレビとしての高画質や機能性に加え、ユーザーの幅広いニーズに応える姿勢など、4Kテレビ時代を牽引する取り組みを多面的に評価。

ざんまいスマートアクセス

企画賞 「AV REVIEW」12月号 ざんまいスマートアクセス

受賞製品評価のポイント

「タイムシフトマシン」の録画番組を閲覧しやすくする提案に対して。

レグザの受賞履歴を見る

4Kフラッグシップを選ぶならおすすめです。 4K放送対応スカパー!チューナー内蔵全面直下LED採用タイムシフトマシン対応プレミアム4Kレグザ Z10XSERIES 65V型 58V型 50V型

詳しく見る

※ 4K試験放送の規格に対応した「スカパープレミアムサービス」チューナーが内蔵されています。

※ タイムシフトマシン機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応
USBハードディスクが必要です。

※ 画素数は3840×2160です。

4Kミドルクラスを選ぶならおすすめです。 全面直下LEDだから実現する、息をのむ輝き・色彩・質感。4K配信対応プレミアム4Kレグザ J10XSERIES 55V型 49V型 43V型

詳しく見る

※ 画素数は3840×2160です。

見たい番組がすぐに見られる、
スマートな視聴スタイルが、ここにあります。 ざんまいスマートアクセスを詳しくご紹介!

*1) 2014年10月8日現在、国内4K液晶テレビにおいて。

*2) スカパー!4Kが楽しめる「スカパー!プレミアムサービス」チューナーが内蔵されています。スカパー!プレミアムサービスの「4K放送」詳細については
スカパー!カスタマーセンター総合窓口(0120-039-888 営業時間:10時〜20時 年中無休)にて、ご確認ください。

*3) 2015年3月24日からソフトウェアアップデートにて対応予定。

※ 「ざんまいスマートアクセス」機能のご利用には別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

※ 「ざんまいスマートアクセス」はタイムシフトマシンで録画した番組のみ対応しています。機能によってはインターネットへの接続環境が必要です。

※ 「ざんまいスマートアクセス」での番組検索は対応のレグザおよびタイムシフトリンク機能で設定したレグザサーバーのタイムシフトマシンで録画した番組のみ対応しています。

タイムシフトマシンに関するご注意

※ 液晶テレビレグザで「タイムシフトマシン」「ざんまいプレイ」機能をご利用になる場合は、別売のタイムシフトマシン対応USBハードディスクが必要です。

※ タイムシフトマシン機能をご利用いただくにはお客様が初期設定をしていただく必要があります。またタイムシフトマシン機能のシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。

※ 「タイムシフトマシン」機能は、データ放送の録画に対応していません。

※ 「タイムシフトマシン」機能用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。なお、一時保管した番組をタイムシフトマシンで使用しているものとは別の通常録画用領域や保存用領域または、外付けのUSBハードディスクに保存することができます。

※ 保存した番組は、他の機器にダビング(コピー8回+ムーブ1回)が可能です。一部のデジタル放送の番組はムーブ1回のみ可能です。

※ 「タイムシフトマシン」機能は同一時間帯の多チャンネル録画(設定したチャンネルの番組に限る)になります。各チャンネルごとに録画時間を設定することはできません。
「タイムシフトマシン」機能を利用して視聴できる過去の番組は、機能を用いてお客様自身が設定して録画した番組に限ります。

※ タイムシフト録画した番組は、通常録画領域または外付けUSBハードディスクに保存した際に、自動でチャプター分割されます。

※ 一部のケーブルテレビの自主放送などコンテンツ権利保護専用方式(TRMP方式)を採用していない番組は、タイムシフト録画できません。

※このページの画像はすべてイメージです。

ページトップへ