TOSHIBA

テレビ レグザ

BS・110度CSで4K放送がスタート! 2018年12月1日新4K8K衛星放送開始!

BS/CS 4K録画対応チューナー

2018年12月1日からスタートするBS・110度CSの4K放送を受信する
BS/CS 4K録画対応チューナーの開発をしました。この4Kチューナーをテレビと接続するだけで、
高画質と臨場感あふれる魅力的な4K番組が楽しめます。

BS/CS 4Kチューナー 2018年11月発売 ※ 本機は8K放送の受信には対応しておりません。

BS・110度CSの4K放送を録画することが可能

別売のUSBハードディスクを接続することで、BS・110度CSの4K放送を、録画して楽しむことができます。

2TBハードディスクで約129時間*の4K番組を録画可能
  • * 33Mbpsのレートの4K放送番組を録画した場合
  • ※ サービス側の指定による録画禁止コンテンツの録画はできません。
  • ※ 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。
  • ※ 録画機能はUSBハードディスク接続時に対応しています。

さまざまなテレビに接続できる多彩なHDMI®出力フォーマット

接続するテレビに合わせて、自動的に最適なフォーマットを出力します。

最新の4Kモデルに 4K、BT.2020、HDR(HLG) 通常の4Kモデルに 4K、BT.2020、SDR 4K、BT.709、SDR ハイビジョンモデルに HD、BT.709、SDR
  • *1) 4K画質で視聴するには、HDCP2.2に対応した4Kテレビが必要です。
  • *2) ハイビジョンテレビに接続した場合でも、720p入力に対応していないテレビでは、SD(標準)画質/色域BT.601での視聴となります。
  • ※ レグザとの接続は[レグザと接続した場合のHDMI®信号フォーマット出力仕様]をご覧ください。
  • ※ 1080pの映像信号を出力する場合は、ハイスピードHDMI®ケーブル(市販品)をご使用ください。
  • ※ 4Kの映像信号(2160p)を出力する場合は、プレミアムハイスピードHDMI®ケーブル(市販品)をご使用ください。
  • ※ 4K/HDR信号を視聴するためには、テレビ側のHDMI®入力端子の設定をご確認ください。
    (接続するテレビの設定方法については、テレビの取扱説明書を参照してください。)
  • ※ 接続確認済みHDMI®ケーブルについては、以下になります。(2018年10月現在)
    • JVCケンウッド HDMI®ケーブル EPシリーズ
    東芝テレビとの接続動作を確認しておりますが、すべてのケーブルでの動作を保証するものではありません。

X910、Z720X、Z810X、BZ710X、M510Xシリーズの
HDMI®入力端子は「HLG方式HDRフォーマット対応」
BS/CS 4K録画対応チューナーとの組み合わせで、
4K放送を高コントラストで再現

BS・110度CSの4KHDR放送をリアルで立体感ある映像で楽しめます。

「BS/CS 4K録画対応チューナー」:イメージ
  • ※ 画像はイメージです。
このページのトップへ