Japan

消費生活用製品安全法に基づく事故報告 2014年度公表

この事故報告は、「東芝グループ製品安全に関する基本方針」により公表するものです。
掲載の内容は、速報段階のものであり、今後の追加情報、調査進展等により変更される可能性があります。
「重大製品事故」とは消費生活用製品安全法に規定された下記の事故です。

  1. 死亡事故
  2. 重傷病事故(治療に要する期間が30日以上の負傷・疾病)又は後遺障害事故
  3. 一酸化炭素中毒事故
  4. 火災(消防が火災として確認したもの)

重大製品事故情報一覧

(1)製品起因が疑われる事故

事故発生日 製品名 機種型式 製品事故に関する情報 事業者名 事故発生
都道府県
管理番号
事故内容 関連情報
2014年
11月29日
延長コード DHY8243-3(W)(東芝ライテック(株)ブランド) 店舗で当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。調査の結果、当該製品は、タップ内部のコード芯線が溶断し、カシメ部に過熱痕跡が認められたことから、カシメ部付近から出火したものと考えられるが、カシメ部付近の焼損が著しく、原因の特定には至らなかった。 −−−−− 杉本電器(株)(東芝ライテック(株)ブランド) 岡山県 A201400601
2015年
3月21日
電気炊飯器 RCK-152F 当該製品を焼損する火災が発生した。調査の結果、当該製品は主ヒーターの熱で焼損したものと考えられるが、電気部品及び機械部品に異常が認められず、事故当時の状況が不明なことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。 −−−−− 東京芝浦電気(株)(現 東芝ホームテクノ(株)) 東京都 A201400891
2015年
3月11日
電気冷蔵庫 GR-251AS 当該製品を使用中、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。調査の結果、当該製品は、長期使用(約34年)によって、コンプレッサー用始動リレーの樹脂ケースが絶縁劣化して端子間でトラッキング現象が生じ、焼損したものと考えられる。 −−−−− (株)東芝(現 東芝ライフスタイル(株)) 三重県 A201400865
2015年
2月22日
エアコン(室外機) RAS-402JADX 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。調査の結果、当該製品の確認できた部品に出火の痕跡は認められなかったが、焼損が著しいため、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。 −−−−− 東芝ホームアプライアンス(株)(現 東芝ライフスタイル(株))(輸入事業者) 埼玉県 A201400790
2014年
11月6日
換気扇 JFH-763T(東芝ライテック(株)ブランド) 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。事故の原因は、当該製品の長期使用(約17年)により、ファンモーター内部の巻線に絶縁劣化が生じ、レイヤショートが生じて異常発熱し火災に至ったものと推定される。 −−−−− 富士工業株式会社(東芝ライテック(株)ブランド) 東京都 A201400506
2014年
10月21日
電気衣類乾燥機 ED-560S 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。事故の原因は、当該製品の長期使用(約29年)により、タイマースイッチの樹脂ケースが絶縁劣化して接点間でトラッキング現象が生じ、焼損したものと推定される。 −−−−− (株)東芝(現 東芝ライフスタイル(株)) 三重県 A201400507
2014年
9月19日
テレビ(ブラウン管型) 15ZR5 当該製品を使用中、異臭がしたため確認すると、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生していた。事故の原因は、当該製品の残存していた電気部品に出火の痕跡は認められなかったが、焼失して確認できない部品があることから、製品起因か否かを含め、原因の特定には至らなかった。 −−−−− (株)東芝(現 東芝ライフスタイル(株)) 静岡県 A201400428
2014年
7月28日
エアコン RAS-406LDR 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。事故原因は、当該製品のファンモーターのリード線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通しやすい物質が付着・侵入し、さらに、当該製品内部で発生した結露がリード線接続部分に回りこむことによって、トラッキング現象が生じ、出火に至ったものと考えられる。 (製造から10年以上経過した製品、2004年8月19日からリコールを実施) 東芝ルームエアコンLDR, YDRシリーズ無償点検・修理のお知らせ(発煙・発火の恐れがあります) 東芝キヤリア(株) 東京都 A201400313
2014年
8月12日
エアコン RAS-406LDR 当該製品を使用中、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。事故原因は、当該製品のファンモーターのリード線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通しやすい物質が付着・侵入し、さらに、当該製品内部で発生した結露がリード線接続部分に回りこむことによって、トラッキング現象が生じ、出火に至ったものと考えられる。(製造から10年以上経過した製品 2004年8月19日からリコール実施) 東芝ルームエアコンLDR, YDRシリーズ無償点検・修理のお知らせ(発煙・発火の恐れがあります) 東芝キヤリア(株) 埼玉県 A201400296
2014年
7月28日
エアコン RAS-406LDR 当該製品を使用中、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。事故原因は、当該製品のファンモーターのリード線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通しやすい物質が付着・侵入し、さらに、当該製品内部で発生した結露がリード線接続部分に回りこむことによって、トラッキング現象が生じ、出火に至ったものと考えられる。(製造から10年以上経過した製品 2004年8月19日からリコール実施) 東芝ルームエアコンLDR, YDRシリーズ無償点検・修理のお知らせ(発煙・発火の恐れがあります) 東芝キヤリア(株) 東京都 A201400272
2014年
7月28日
スチームアイロン TA-F22 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。現在、原因を調査中。 −−−−− (株)東芝(現 東芝ホームテクノ(株)) 東京都 A201400263
2014年
5月31日
照明器具 FPH-7419ZKN 施設で当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。事故の原因は、当該製品に組み込まれている蛍光灯の寿命末期を検知する保護回路の動作が遅れ、蛍光灯の寿命末期に異常電流が流れたため口金部の樹脂が溶融、焼損し出火に至ったものと推定される。 −−−−− 東芝ライテック(株) 秋田県 A201400187
2014年
7月1日
電気冷蔵庫 GR-130SB 事務所で当該製品を使用中、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。事故原因は、当該製品の冷凍室周辺の霜取りをした際の水が、近傍のスイッチの端子部に流れ込んでしまう構造であったため、端子間でトラッキングが発生し、発火に至ったものと考えられる。 −−−−− 東京芝浦電気(株)(現 東芝ライフスタイル(株)) 徳島県 A201400208
2014年
6月6日
除湿機 RAD-50SDR 当該製品を使用中、当該製品を焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。事故の原因は、当該製品のコンプレッサー駆動制御用リレーのはんだ接続部で、はんだクラックが生じて異常発熱し出火した可能性が考えられるが、焼損が著しく、原因の特定には至らなかった。 −−−−− 東京熱器具(株)(現 東芝ホームテクノ(株)) 神奈川県 A201400174
2014年
6月11日
エアコン RAS-406LDR 当該製品の運転を開始したところ、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。事故原因は、当該製品のファンモーターのリード線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通しやすい物質が付着・侵入し、さらに、当該製品内部で発生した結露がリード線接続部分に回りこむことによって、トラッキング現象が生じ、出火に至ったものと考えられる。(製造から15年以上経過した製品 2004年8月19日からリコール実施) 東芝ルームエアコンLDR, YDRシリーズ無償点検・修理のお知らせ(発煙・発火の恐れがあります) 東芝キヤリア(株) 神奈川県 A201400173
2014年
5月17日
電気洗濯乾燥機 TW-130VB 当該製品を使用中、当該製品から異音がして発煙した。その後、確認したところ、当該製品内部を焼損していた。事故原因は、当該製品のドラム用モーターのローターとステーターが接触したため、浮き上がったローター磁石が接続端子台と接触することによって、接続端子の巻線接続部で接触不良が生じ、焼損に至ったものと推定されるが、ローターとステーターが接触した原因については特定できなかった。 −−−−− 東芝家電製造(株)(現 東芝ライフスタイル(株)) 大阪府 A201400137
2014年
5月7日
電気掃除機 VC-B50K 当該製品を使用中、当該製品から火花と煙が出る火災が発生し、当該製品が熱変形した。事故の原因は、当該製品のモーター巻線の一部に焼損が認められたことから、製造工程でモーター巻線の加工時、巻線表面に傷が付き、使用中にモーター発熱の繰り返しにより絶縁が劣化し、レイヤショートを生じ発煙したものと推定される。 −−−−− 東芝ホームアプライアンス(株)(現 東芝ライフスタイル(株)) 大阪府 A201400100

(2)製品起因か否かが特定できていない事故

事故発生日 製品名 機種型式 製品事故に関する情報 事業者名 事故発生
都道府県
管理番号
事故内容 関連情報
2015年
2月11日
石油ストーブ(開放式) KSR18W 当該製品に給油後、当該製品を点火したところ、当該製品を焼損する火災が発生し、1名が死亡、1名が重傷を負った。事故発生時の状況を含め、現在、原因を調査中。 −−−−− 東芝ホームテクノ(株) 神奈川県 A201400830
2015年
1月2日
電気温風機 SF-1002VT 当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。(製造から30年以上経過した製品) −−−−− 東芝機器(株) (現 東芝ホームテクノ(株)に事業移管) 和歌山県 A201400680
2014年
11月26日
電気こんろ BHP-112 当該製品の上に置かれていた可燃物を焼損し、当該製品を汚損する火災が発生した。調査の結果、当該製品の上方に掛けていたコートが落下し、当該製品のスイッチつまみに接触してスイッチが入り、当該製品の上に置かれていた可燃物が焼損したものと推定される。また、スイッチつまみが本体表面から凸状に出ている構造であったことも事故発生に影響していると考えられる。なお、取扱説明書には、「可燃物から十分離す、棚の下など落下物の危険があるところでは使用しない」旨、記載されている。 −−−−− 三化工業(株)((株)東芝ブランド) 埼玉県 A201400557
2014年
7月1日
ノートパソコン dynabook N301/02EC 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。当該製品から出火したのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。 −−−−− (株)東芝 大阪府 A201400197

(4)製品に起因して生じた事故かどうか不明であると判断した事故(消費経済審議会製品安全部会『製品事故判定第三者委員会』判断による)

事故発生日 製品名 機種型式 製品事故に関する情報 事業者名 事故発生
都道府県
管理番号
事故内容 判断理由
2014年
4月28日
換気扇(窓用) VFW-20XB 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 事故原因は、当該製品の焼損が著しく、確認できない部品があることから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。(製造から25年以上経過した製品) (株)東芝(現 東芝キヤリア(株)) 兵庫県 A201400096
2015年
1月11日
エアコン RAS-221LHL 当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。(製造から20年以上経過した製品) ○当該製品の焼損は著しく、熱交換器のアルミフィンの右側下部に強い焼けが認められた。
○回収された当該製品内部の電気部品に発火の痕跡は認められなかったが、制御基板は原形を留めず焼損し、ヒューズ、ラインフィルター等大半の部品は確認できなかった。
○当該製品の電源コードは、本体引出部から僅かに出た位置で断線し、断線部に溶融痕が認められたが一次痕か二次痕かの判別はできなかった。
●当該製品の残存する電気部品に出火した痕跡は認められなかったが、焼損が著しく、確認できない部品があったことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
(株)東芝(現 東芝ライフスタイル(株)) 大阪府 A201400739
2014年
12月8日
電子レンジ ER-J6 当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生し、2名が軽傷を負った。 ○使用者は、当該製品に少量の食品(100g程度)を樹脂製のフタを被せた状態で入れ、自動調理モードにて調理を行った。
○庫内の残渣物の焼損は著しく、庫内一面にススの付着が認められたが、機械室内部に発火の痕跡は認められなかった。
○使用者の使用方法で実施した再現試験の結果、発火には至らなかった。
○当該製品下部のアンテナ部モーターの動作確認ができず、回転部が正常に働いていたか否かは確認できなかった。
●当該製品は、機械室内に発火の痕跡は認められないことより、少量の食品に樹脂製のフタを被せた状態で自動加熱したため、発煙、発火に至ったものと推定されるが、再現試験では発火に至らなかったこと、また回転部の動作状況が不明であり食品に電磁波が集中して発火した可能性を否定できないことから、事故原因を特定するには至らなかった。
東芝ホームアプライアンス(株)(現 東芝ホームテクノ) 大阪府 A201400587

(5)製品起因による事故ではないと判断した事故
(消費経済審議会製品安全部会『製品事故判定第三者委員会』判断による)

事故発生日 製品名 機種型式 製品事故に関する情報 事業者名 事故発生
都道府県
管理番号
事故内容 判断理由
2014年
5月17日
電気温水器 HPL-TF372RMA 社員寮で当該製品を焼損する火災が発生した。 ○当該製品は金属製外装表面の点検扉及び内部のリレー部周辺が過熱し、ススの付着が認められた。
○リレー部の焼損が著しく、端子部に溶着や溶融が認められた。
○当該製品は製造時に壁面に固定するための穴が外装表面に設けられているが、その穴とは別に、施工時に空けたとみられる穴で壁面に固定されていた。
○リレー構成部品に雨水の成分と推定されるカルシウム及びマグネシウムが検出された。
●当該製品を壁に固定するため、施工時に外装上面に空けられた穴から雨水が浸入したことにより、リレーの端子部が腐食し、接触不良となり過熱し出火に至ったものと考えられ、製品に起因しない事故と推定される。 なお、工事説明書には、「外装上面の壁固定用の金具により固定する。」旨、記載されている。
東芝機器(株)(現 東芝キヤリア(株)に事業移管) 宮城県 A201400129
2015年
1月16日
電気毛布(敷毛布) CS-105 当該製品の電源プラグをコンセントに接続したところ、当該製品を焼損する火災が発生した。(製造から25年以上経過した製品) ○当該製品は原形を留めており、本体部、電源プラグ、接続プラグ、コントローラー内部等に異常が認められなかった。
○電源コードの片極の素線が断線し、断線部の先端に「かえり」と溶融痕が発生し、近傍の6芯コードにも素線の断線や「キンク」が認められた。
○当該製品は1年程前から、時々通電しない症状があった。
●当該製品の電源コードの芯線が繰り返しの屈曲等のストレスにより半断線状態になっていたところに通電したため、当該部分でスパークが発生したものと推定される。 なお、取扱説明書には、「コードや差込みプラグは点検してから使用する。使用中に異常が生じたときは使用をやめる。」旨、記載されている。
日本電熱(株)((株)東芝ブランド) 大阪府 A201400699
2014年
12月27日
石油ストーブ(開放式) KSR-23ND 当該製品を点火したところ、建物を全焼する火災が発生し、1名が火傷を負った。(製造から35年以上経過した製品) ○当該製品は全体が焼損し、変形が著しかった。
○当該製品の不具合による出火の痕跡は認められていない。
○点火の際にマッチを使用したが、マッチは当該製品内部から発見されていない。
○油タンクのふたは、確実に閉じられていた。
○油タンクの残油を調べたがガソリンではなく灯油であった。
○当該製品は、今シーズン初めての使用。今シーズン購入した灯油を給油したが、暖かかったため使用していなかった。
○燃焼筒には異常燃焼した際に見られる多量のススの付着は、内炎筒、外炎筒、放熱ネットいずれにも認められなかった。
○異常燃焼の要因となる置台の芯案内筒の下方にホコリの堆積は認められなかった。
●当該製品は、詳細な使用状況が不明のため事故原因の特定には至らなかったが、出火の痕跡は認められなかったことから、製品に起因しない事故と推定される。
東芝電気器具(株)(現 東芝ホームテクノ(株)) 千葉県 A201400662
2014年
12月26日
電気こんろ HP-635 当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 ○使用者はベッドの上に風呂用腰掛けを置き、その上に当該製品を置いて暖房用として使用しており、事故発生当時、来客のためその場を離れていた。
○当該製品の鋼製の外郭は熱の影響で変形・変色していた。
○熱板、熱板ボックス及びヒーターに異常は認められず、スイッチ部が取り付けられた付近に過熱した痕跡は認められなかった。
○焼損した電源コード及び栓刃に溶融痕等の異常は認められなかった。
●当該製品を不安定な場所で使用していたため、当該製品が落下するなどして、ヒーター部が可燃物に接触し、出火したものと推定される。なお、取扱説明書には、「不安定な場所や熱に弱い敷物の上での使用はしない」「調理以外の目的で使用しない」旨、記載されている。
金澤工業(株) ((株)東芝ブランド) 長崎県 A201400663
2014年
12月17日
電気冷蔵庫 GR-470K 当該製品の下部に可燃性ガススプレーを噴射したところ、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 ○使用者は当該製品下部に向かって、可燃性ガスを含有する殺虫剤を3秒間ずつ3回噴射した。
○当該製品は、本体下部及び左側面に焼損が認められた。
○当該製品の背面下部のファンモーターが焼損していた。
○当該製品に出火した痕跡は認められなかった。
○殺虫剤の本体表示には、「可燃性ガスが燃焼するおそれがあるため、隙間には1〜2秒噴射」の旨、使用量が記載されていた。
●当該製品に出火した痕跡はなく点火源は特定できなかったが、当該製品下部に可燃性ガスを含有する殺虫剤を噴射したことから、可燃性ガスに引火して出火したものと推定される。なお、取扱説明書には、「可燃性スプレーを近くで使わないこと 引火して火災の原因になる」旨、警告表記されている。
(株)東芝 (現 東芝ライフスタイル(株)) 埼玉県 A201400627
2014年
12月15日
加湿器 KA-D35S 病院で当該製品を使用中、当該製品の電源コード部及び周辺を焼損する火災が発生した。 ○当該製品の電源プラグの片側の栓刃が折れており、栓刃周辺の外郭樹脂が焼損し、栓刃破断部には一部に溶融した箇所が認められた。
○折れていない栓刃は曲がっていた。
○折れていた栓刃は折れていない栓刃に比べて更に曲がっており、栓刃の折損部にねじれが生じていた。
●当該製品の電源プラグの栓刃に過度な外力が加わったことにより、栓刃が折れてスパークが発生し、電源プラグの樹脂部が焼損したものと推定される。なお、取扱説明書には「電源プラグを抜くときは、電源コードを持たずに先端の電源プラグを持って引き抜く」、「電源コードを無理に曲げたり、引っ張ったりしない」旨、記載されている。
東芝ホームテクノ(株) 沖縄県 A201400624
2014年
8月23日
電気洗濯乾燥機 TW-80TA 当該製品を使用中、当該製品及び当該製品内部の洗濯物を焼損する火災が発生した。 ○当該製品の乾燥フィルターは洗濯槽側の焼損が著しかった。
○焦げた洗濯物からオレイン酸系の油脂成分が検出された。
○モーター、制御基板、乾燥ヒーター、給水弁、排水弁等の電気部品に異常は認められなかった。
●当該製品からの発火の痕跡は認められず、油分を含んだ洗濯物を乾燥させたために、油の酸化熱により自然発火したものと考えられ、製品に起因しない事故と推定される。 なお、取扱説明書及び本体には、「油が付着した洗濯物の乾燥禁止」の旨、記載されている。
東芝家電製造(株)(現 東芝ライフスタイル(株)) 東京都 A201400319
2014年
7月22日
オーブントースター HTR-HK4 施設で当該製品を使用中、当該製品の電源コードを焼損し、周辺を汚損する火災が発生した。 ○当該製品の電源コードがコードプロテクターの根元部分で断線していた。
○電源コード断線部に、溶融痕及び芯線の曲がりが認められた。
○本体及び庫内には焼損等の異常は認められなかった。
●当該製品の電源プラグのコードプロテクター部に、繰り返し過度な屈曲が加わったことにより、コードの芯線が断線、スパークし出火に至ったものと考えられ、製品に起因しない事故と推定される。 なお、取扱説明書には、「電源プラグを抜くときは、コードを持たずに先端の電源プラグを持って引き抜く。コードを無理に曲げたり、引っ張ったり、ねじったり等しない。」旨、記載されている。また、電源プラグ部のコードは、電気用品安全法に基づく技術基準(折り曲げ試験)に適合している。
東芝ホームアプライアンス(株) 北海道 A201400247
2014年
4月25日
電子レンジ ER-D2 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 ○当該製品は操作パネル底面周辺が著しく焼損していた。
○内部の電装部、庫内及び電源コードに異常は認められず、操作パネルの基板にも出火の痕跡は認められなかった。
●当該製品に出火の痕跡が認められないことから、外部からの延焼により焼損したものと考えられ、製品に起因しない事故と推定される。
東芝ホームテクノ(株) 大阪府 A201400088
2014年
5月7日
電気洗濯乾燥機 TW-180VE 当該製品の電源を入れたところ、すぐに電源が切れたため確認すると、当該製品の電源プラグを焼損する火災が発生していた。 ○当該製品の電源プラグと壁コンセントの差込口に焦げ跡が認められた。
○電源プラグは栓刃にスパーク痕が認められ、栓刃根元の樹脂が焦げていたが、トラッキング現象や内部から出火した痕跡はなく、栓刃に加工不良や変形などの異常も認められなかった。
○その他の電気部品に出火の痕跡はなく、電源コードも断線などの異常は認められず、別の壁コンセントに接続すると正常に動作した。
●当該製品の電源プラグの栓刃にスパーク痕が認められたが、栓刃に加工不良や変形などが認められないことから、壁コンセントの刃受け金具で接触不良が発生し、電源プラグの栓刃が異常発熱して事故に至ったものと考えられ、製品に起因しない事故と推定される。
東芝家電製造(株)(現 東芝ライフスタイル(株)) 東京都 A201400097