Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報|採用センター長メッセージ

採用センター長メッセージ

東芝をめぐる現状と再生に向けた取組


株式会社 東芝
人事・総務部 人財採用センター
センター長 三橋 一仁

これまで当社は会計処理問題に端を発した諸問題及び海外原子力事業に起因する経営課題に全力で取組み、一つ一つ解決するとともに、社内カンパニーの事業会社化(分社化)による組織運営の強化を含め、経営基盤を強化してまいりました。直近では、第三者割当による新株発行を行い約6,000億円の資金を調達するとともに、これを旧子会社であるウェスチングハウス社の米国原子力発電所建設プロジェクトに関する親会社保証債務の早期弁済等に充てました。これらの取組みにより、現在では2018年3月末時点の連結貸借対照表における債務超過を解消し、当社株式の上場維持の見込みとなりました(2018年1月時点)。また、メモリ事業の株式譲渡により財務基盤を更に強化し、これをもとに「社会インフラ」、「エネルギー」、「電子デバイス」、「デジタルソリューション」の4つの事業領域に注力することで、安定的な成長を目指していきます。

「今こそ」~あなたの未来をここから始める~

現在私たちを取り巻く環境は、AI・IoTによるビッグデータの活用など情報通信技術の発達により劇的な変化を続けています。一方、人口増加に伴う資源・エネルギー問題や気候変動・環境問題など、様々な課題が顕在化、複雑化しています。このような地球規模の課題解決および社会の発展に貢献するため、当社はグローバルな競争に勝ち抜ける事業構造への変革に取り組んでおります。また、当社の技術的強みを活かしながら次世代への成長の種を育て、時代に適合した新しい価値を提供してまいります。
「万般の機械考案の依頼に応ず」と看板を掲げた田中久重翁、「至善」の言葉を生涯の志として大切にした藤岡市助博士、この二人の創業者に共通する「世の中のためになりたい、人の役に立ちたい」という思いを今後もしっかりと引き継ぎ、全社員一丸となって一歩ずつ確実にステップを踏んでまいります。
この歴史的変革期を好機と捉え、社会において更に価値のある企業となるため、志ある皆さまと一緒に成長を続けていきたいと考えています。

皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

求める人材像

実現したい夢がある人
  • 企業という自己実現の場を通して、自らが社会で実現したい明確なビジョンを持っている。
  • 何事にも探究心と情熱を持って取り組むことができる。
周囲と協力し合える人
  • 属性にとらわれず、相手と真剣に向き合い、様々な考え方を受容する。
  • 同じ目標のもと、チームメンバーとして個々の力を発揮できる。
自ら考え実践し、
やりとげる人
  • 自身の言葉で想いを表現でき、主体的に行動できる。
  • 逆境に負けない精神力を持ち、挑戦し続けられる。

PAGE TOP