Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|福田美幸

社員インタビュー

福田 美幸
2009年入社
東芝テック株式会社
商品・技術戦略企画部
知的財産室
専攻:理工学部 応用化学科

技術者の"発明"に耳を傾け、特許を権利化。
技術・法律など広範な知識を吸収、自らも成長へ。

大学時代は応用化学を専攻しましたが、現在、商品・技術戦略企画部で、特許の権利化の業務を担当しています。技術部門からあがってくる"発明"を精査し、新規性、進歩性があると判断したものについて技術者にヒアリングをして、特許庁に出願するための書類を作成します。研究者として一つのテーマを追求することも考えましたが、いろいろな世界に触れてみたいという想いがあったので、知的財産部門を希望しました。実際に、今まで知らなかった技術分野に関わりますが、発明者との密なコミュニケーションを通じて、新しい技術領域なども理解できますし、技術者として自分自身が一歩ずつ成長していると感じられるようになってきています。また、技術そのものも難しいことが多いのですが、それ以上に必要なのは、特許法など各国の法律知識です。会社に入ってから法律の勉強をすることになるとは思っていませんでしたが、東芝グループ主催の研修や社外セミナーに参加して、業務に活かせるように努めています。

これまでの業務を通じて、うれしかったのは、発明者からお礼を言われたことです。書類を作成した際、技術の内容、発明者の意図などを自分なりに考え、さまざまな発明の実施例を加えました。その内容を発明者にチェックしてもらったところ、「そこには気付かなかった。ありがとう。福田さんに出願する書類の作成を任せると安心だ。また、福田さんにお願いしたい」と感謝されたのです。

今後は、特許権利化に加えて、権利化された特許を活用して、会社の収益向上にも貢献できる業務も担当していきたいと考えています。

PAGE TOP