Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|星野 友祐

社員インタビュー

星野 友祐
2014年入社
電力流通システム統括部
系統ソリューション技術部
系統制御技術第二担当
専攻:電気工学科(大学) 電気電子情報工学専攻(大学院)

生活に必要な電力の安定供給に貢献できる仕事。

私は電力会社向け監視制御システム(主に中央給電指令所システム、系統安定化システム)の技術営業として、お客様との仕様打合せや、社内全体の取りまとめ、入札対応などを行っています。

技術営業という仕事は、お客様の要望を聞き、一番最初の仕様検討から、一番最後の製品を納入するところまで全てに関わることができます。スタート時は、単なるお客様の要望や頭の中のイメージだったものが、お客様や社内との打合せを重ねていくうちに、どんどん形作られていく過程は面白くやりがいのあるプロセスです。また、製品としてお客様のもとへ納品されるときはミスがないかと心配になる反面、これまでの内容が形になったことによる達成感も感じられます。

普段からお客様との窓口として直接要望を伺ったり、相談を受けることが多い仕事ですが、製品やシステムのつくりや機能について、まだまだわからないこともあり、苦労することも多いです。もちろん自分で調べることも重要ですが、上司や先輩、工場のスタッフなどと協調を取りながらのお客様に迷惑が掛からないように対応しています。そんな時、社内連絡はもちろん、お客様と連絡する際にも、メールだけではなく、直接合ってコミュニケーションを取ることを心がけています。これによって連絡したい内容を誤解なく伝えることができるだけでなく、相手の状況等も確認することができ、より効率的に仕事を進められると考えています。

東芝は技術力が高く、お客様からの信頼も高いと感じます。そのため電力会社の重要なシステムにかかわることができ、生活に必要な電力の安定供給に貢献できるのだと思います。また若手のうちからそういった製品や技術に携わることができるというのも、東芝で働くということの大きなメリットだと考えています。

PAGE TOP