Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|黒須雅浩

社員インタビュー

黒須 雅浩
2012年入社
東芝インフラシステムズ株式会社
府中事業所
パワーエレクトロニクス・計測制御機器部
専攻:電気・電子工学専攻

SCiB™を採用した製品を多くの分野に提案。
技術のプロに囲まれて、自分自身の技術力を向上させる。

お客様が求めることに神経を集中

二次電池は、電力業界では負荷平準化や自然エネルギーの貯蔵、鉄道業界では回生エネルギーの吸収やディーゼルエンジン車の代替など、さまざまな分野で活躍しています。私が所属する部署では、さまざまな業界に二次電池であるリチウムイオン電池SCiB™を広めるため、SCiB™を採用した電池モジュールや、コンポーネントの販売、提案活動を行っています。電池モジュールに要求される電気的特性、構造、使用環境などは、業界によって異なります。特に新規製品の開発プロジェクトを進める際、私は繰り返し行うお客様との打ち合わせから、何を求めているのか、現状は何が問題点なのかを理解し、新規製品へ反映させるようにします。

業務に自分なりの工夫を取り入れて

電池業界では、さまざまな業界の企業と付き合うことが多くなります。そのため、業界特有の用語に困惑することも少なくありません。同じ言葉を使っていても、業界が違えば異なる意味で使用していることもあり、理解することがとても難しいのです。私は、お客様が話している内容を理解し、社内で通用する言葉として翻訳を行い、またはその逆の作業を実施することで、業務がスムーズに運ぶ工夫を取り入れています。

私が東芝の技術者として最もメリットだと思うことは、高い技術力を持ったエンジニアが周りにたくさんいて、一緒に仕事ができることです。回路、ソフトウェア、化学、構造など、多くの分野でプロフェッショナルがいるため、自分自身の技術力向上にとても役立ちます。また、自他部門問わず、困っていることがあれば助けてくれる人が必ずいます。自分のプロジェクトに人とのつながりを活かせる会社、東芝はそんな素晴らしさを持っています。

PAGE TOP