Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|野村奈央

社員インタビュー

野村 奈央
2010年入社
所属:東芝エネルギーシステムズ株式会社
府中工場
電力系統システム部
専攻:理学部 物理科学科 原子・プラズマ物理学専攻

電力を効率よく供給する監視制御システムを設計。
コミュニケーションの先に、新しいイノベーションを見つける。

"知っている・理解した"を増やす

私が所属する電力系統システム部では、発電所で作られた電力を、効率よく届けるための監視制御システムを設計しています。その中で私は、変電所や水力発電所、またその系統設備を遠隔で監視制御する集中監視制御システムの設計を担当しています。電圧階級や用途に合わせた電力を確実に届けるためには、高効率で高信頼性のシステムを用いて電気系統を運用することが重要です。ですから、電力系統制御は、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークなどの技術を統合し、一つのソリューションとして提供することになります。ソフト/ハードに限らず、さまざまな分野で、「知らなかった」ことを、「知っている」「理解した」に変化させることが私の目標。積極的に新しい知識を吸収し、質の高いシステム設計に反映させるように心掛けています。

刺激的な毎日を味わえる東芝

Leading Innovationの通り、東芝は革新的な技術を生み出し、製品に取り入れていく世界的なリーディング・カンパニーです。先端技術を生み出す機会に多く巡り合える職場で働けることは、とてもエキサイティングです。ものづくりのプロセスでは、いくつもの壁に直面することも少なくありませんが、完成品がお客様に満足いただけた時の達成感は、何物にも代えがたい喜びです。

私は、休日には職場の仲間とバーベキューパーティをしたり、社内のスポーツ大会に出たりと、積極的にオフを楽しんでいます。また、最近はグローバル採用者も増えたので、海外の話題が日常的になり、別な意味で刺激的です。仲間とのコミュニケーションが、新しいイノベーションにつながる大切なきっかけであると考え、充実した時間を過ごすようにしています。

PAGE TOP