Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|小笠原 彩乃

社員インタビュー

小笠原 彩乃
2016年入社
水・環境システム事業部
水・環境システムプラント建設部
建設技術第二担当
専攻:生産工学部 応用分子化学科

水処理から土木まで幅広い知識が必要となるフィールドエンジニアリングという仕事です。

当事業部では、国内外上下水道プラントにおいて、監視制御や受変電、運転操作設備などの電気設備を納入しており、設計・製造・工事・保守点検を一括に行うトータルソリューションを展開しています。そのなかで、私は工事部門に所属し、フィールドエンジニアリング業務を担っています。

フィールドエンジニアリングとは、顧客要求事項を満足させるために、顧客や関係者との協議・調整をおこない工事仕様を取りまとめ、製品出荷から現地納入・据付までの安全・品質・工程・コストの全てを満たした工事計画を立案・実行する業務です。期限までに製品を据付け、顧客へ引き渡すという大変重要な役割を担っているため、プロジェクト全体を監理し、指揮します。これは、フィールドエンジニアリング業務が面白いと思う点でもあり、難しい点でもあります。

当事業部のフィールドエンジニアリング業務は、水処理や電気の知識だけに留まらず、土木・建築・機械設備などさまざまな幅広い知識が必要となるため、それらを習得し身に付けることが今の私の課題です。現在は経験・知識を増やすため、さまざまな物件に携わらせていただいており、各自治体の異なる製品仕様や工事仕様、水処理の制御方法について学んでいます。

長年培ってきた高度な技術力と高い専門知識を持った先輩や同僚社員から国内トップクラスのエンジニアリング力を学び、それらを身に付けるチャンスが多くあるのは東芝の大きな魅力です。

PAGE TOP