Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|合瀬 恵

社員インタビュー

合瀬 恵
2011年入社
東芝エネルギーシステムズ株式会社
技術・生産企画部 知的財産担当
専攻:先進理工学研究科 電気・情報生命

特許出願や特許権の活用を通じて社内の知的財産を守っています。

私は原子力事業にかかわる発明の特許出願と、知的財産についての契約レビュー、権利活用(特許権の権利行使、ライセンス交渉等)を行っています。

知財担当として事業に貢献することが求められており、そのための知財戦略の計画と推進を支援しています。具体的には、研究者や技術者から事業や研究・開発の計画をヒアリングし、知財にかかわる法律や制度、知財活用事例の知識を提供しながら、特許を出願するタイミング、内容、特許権の活用の計画を事業部や研究所と共に考え推進します。

特許権の活用には、例えば、特許ライセンス、自社による発明の独占、競合他社への牽制があり、出願書類の書き方を工夫することで、それぞれの活用に最適な特許権を得ることができます。発明者と協力して、具体的な活用の場面を想定し、出願書類に反映する過程は楽しいと感じます。
また特許権を実際に活用する際には、やりがいを感じます。

事業は海外でも積極的に行われているため、各国の知財の法律・制度、技術動向を知っておくことは重要です。私自身も2017年度に半年間、米国の特許事務所で実務研修する機会があり、米国特許法や制度、最新トピックを学び、米国の知財実務を経験することができました。こういった海外での研修をはじめ、東芝社内の知財教育、社外セミナーを受ける機会が充実しているため、知財担当者として成長するチャンスが多くあると感じています。

東芝は会社全体で知財に対する意識が高いため、知財担当から事業に対して積極的に提案することが可能な環境だと考えています。

PAGE TOP