Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報新卒採用情報社員インタビュー|友道 啓太

社員インタビュー

友道 啓太
2015年入社
水素エネルギー事業統括部
プロジェクト推進部 システム設計担当
専攻:工学部 システム創成学科 環境・エネルギーコース、工学系研究科 原子力国際

大学時代から研究してきた純水素燃料電池が水素社会で役立つ日のために。

私は純水素燃料電池のエンジニアリング業務を担当しています。純水素燃料電池を購入するお客様に対し、導入前にニーズを詳しくヒアリングし、快適にご使用いただけるように、仕様と運用について提案を行っています。

具体的には提案から納品までの一連のスケジュール管理、製造部門のスケジュールやベンダー発注等の調整、納品をしております。また導入後にトラブル等があった場合の不適合対応の担当もしてます。

燃料電池は一般の人にはあまり馴染みがなく、どのようなものなのか知らない方もいらっしゃいます。そこで、お客様目線で技術的な内容をわかりやすく説明するよう心がけています。私は大学時代から燃料電池に携わってきたので、燃料電池について自分で当たり前だと思っても、お客様には当たり前ではないことも多々ありうるということに気付かされました。p>

複雑な仕様や技術について、できるだけわかりやすく説明をおこなうことを心掛けて受注活動をしております。世間一般の方から、東芝は一流企業と思っていただいていて、社外の人との付き合いの中でも評価され、信頼されている点は社員として誇りに思うとともに、仕事を進める上でも大きなメリットだと感じます。近い将来、水素社会が訪れて、燃料電池が世の中に浸透し、さらに燃料電池といえば「H2Rex™」という世の中になってもらえれば良いと思います。そのために日々頑張っていきたいです。

PAGE TOP