Japan

ToshibaJapan

東芝トップページ採用情報各種制度/福利厚生|人材開発・研修制度

人材開発・研修制度

東芝は、社員一人ひとりが活きる時に会社も活きるとの考えのもと、社員の育成を支援し、すべての社員に能力伸長と自己実現の機会を提供しています。
東芝の人材育成はOJT(On the Job Training)を基本としながら、それを補完する各種教育プログラムで構成されます。
東芝の従業員が共通して持つべきベースを確立するための東芝人教育をはじめ、新入社員から経営幹部の教育にいたるまで、個々のニーズとキャリア特性に対応できる充実したプログラムを用意しています。

東芝グループにおける研修制度

東芝グループでは、社員が共通して持つべきベースを確立するための教育制度と、個々のニーズとキャリア特性に応じて対応できる自己啓発プログラムを用意しています。

研修の区分
概要
東芝人教育
東芝人としての共通ベースである行動や価値観を身につけるために、イノベーション(MI)や、リベラルアーツ※について学びます。 ※リベラルアーツとは、教養(深く考えるための技術・知識)のこと。
グローバル研修
グローバル人材(=自国/地域の業務だけでなく、グローバルな東芝グループまたはステークホルダーとの直接的なコミュニケーションを取り、異文化を受容しながら業務を遂行できる人材)を育成するための教育です。
節目研修
入社時、資格昇格時、あるいは管理職に新たに任命されたときなど、ステップアップの節目に必ず受講しなければならない教育。それぞれの立場で最低限身につけておくべき知識、スキルを習得し、立場に応じた役割を担えるようになることを目的に行います。
職能別研修
職種別にそれぞれの社員のキャリア段階に応じて、必要な知識・スキルの習得を目的として実施する教育です。
経営人材研修
東芝グループの経営幹部候補者・将来のリーダー候補者を育成する選抜型の教育です。

技術研修体系

研修の区分
概要
技術スキル研修
技術者の能力の核となる専門性を確立し、さらにその拡大を図りながら事業環境変化に対応した実践技術力を身につけます。
技術マネジメント研修
技術者マインドの醸成、マーケットインの発想から顧客に感動を与える魅力的品質の商品創出ができる技術マネジメント能力の育成を図ります。
品質イノベーション研修
製品・サービスのライフサイクル全体にわたる品質レベルの向上を図る取り組みを行っています。
個別の製品・システム・サービスに関する専門技術研修
個別の製品・システム・サービスの固有技術に関する知識をさらに深め、専門性に磨きをかけます。

海外派遣研修

海外実務研修
海外事業要員の拡大と計画的な育成を目的として、若手社員を海外現地法人に派遣する制度です。
新興国ビジネススペシャリスト育成プログラム
新興国での事業展開に必要なスペシャリスト育成を目的とし、現地語学習得と異文化生活体験、海外拠点での実務研修をパッケージとして育成します。
海外留学
先進的・専門的学術的知識を習得することを目的として、海外大学院(ビジネススクール・技術系大学院研究室等)へ派遣するプログラムです。

人材開発制度

グローバルな市場で企業間競争を勝ち抜いていくために、東芝では、成果主義の徹底を図っています。
能力と意欲ある人材に対して、より大きなチャンスを与え、その結果である「成果」を公正・公平に評価し処遇につなげる。
これが東芝の人事制度の基本的な考え方です。

キャリアデザイン
キャリアデザインは、かけがえのない人材の有する可能性を引き出す機会を提供し、個々人の能力の伸長と組織の活性化ツールとしての役割を担い、具体的には「CDP(Career Development Program)」と「キャリアビジョン」により構成されます。「CDP」では、社員本人の活用方向を適切に見定め、将来に向けた効果的なキャリアプランを策定することで、会社の発展に貢献する競争力に優れた有能な人材を、計画的・効果的に育成していきます。また、社員本人に対しても、自らのキャリアプランを具体的に考えるとともに、能力伸長に向けた積極的な姿勢を求め、これにより社員自らが常に高い意識を持って自己啓発に努め、業務に取り組むことを促し、一人ひとりが自立した個人として会社業績の向上に欠かせない人材となることを目指します。「キャリアビジョン」は、社員本人の職務適性やキャリアに対する考え方を上司に申告するためのツールです。上司は、このツールを活用して社員個々の能力と職務適性を正しく把握するとともに、社員の育成・活用を推進していきます。
パフォーマンスマネジメント
「パフォーマンスマネジメント」は、主に成果測定のツールとしての役割を担い、具体的には「目標管理」と「資質・姿勢評価」により構成されます。「目標管理」では、半期ごとの具体的な業務目標を設定し、それを達成することにより本人の能力を伸長させます。"成果をあげる人材"は実践の中でのみ育ちます。その実践の場を与えるのが、この「目標管理」制度であり、人材の活用・育成において重要な役割を担っています。
「資質・姿勢評価」は、東芝グループ経営ビジョンにおける「東芝人として必要な行動規範、求められる能力」を評価の視点として1年間の行動を振り返るものです。自らの行動を経営ビジョンに照らし合わせ、求められる行動・能力を再確認することにより、その後の具体的な行動・成果につなげていきます。これを繰り返すことで、個々人の能力の伸長と会社業績の向上を実現していきます。
グループ公募制度
成長分野・重点分野への積極的な人材配置を推進するために、業務内容を提示して意欲・能力のある人材を広く東芝グループ内から公募する「グループ公募制度」が実施されています。
公募は、上司を経由せずに行い、部門や職種を超えた人事異動が可能となります。東芝では、この制度により、強い意欲・興味・関心を持つ人材をグループ内で広く求め、数多くの人材配置が実現しています。
グループFA(フリーエージェント)制度
社員一人ひとりが自分のキャリアについて主体的に考え、東芝グループ内で従事したい仕事を社員自らが選択し、本人と希望部門とのニーズが一致した場合に人事異動が可能となる「グループFA制度」が実施されています。FAは、上司を経由せずに行い、部門や職種を超えた自由な人事異動が可能となります。東芝では、この制度により、社員個人の自己実現の機会を広げ、適材適所の人材配置が実現しています。

PAGE TOP