ホーム > ビル・施設ソリューション事業 > ビル省エネルギーソリューション

ビル省エネルギーソリューション

【東芝のビル省エネルギーソリューション】省エネ診断からメンテナンスまでの豊富なサービスで、地域環境保全に、ビルの経費削減に大きく貢献します。

TOPICS 注目情報

東芝本社ビルがエネルギー管理優良工場として関東経済産業局長表彰

東芝本社ビルは、全ゾーンに快適空調制御を導入して、夏期における空調エネルギーを11.1%削減しました。 この結果と過去3年間の省エネルギーに対する取り組みが評価され、東芝本社ビルは2001年度エネルギー管理優良工場として関東経済産業局長表彰をいただく事ができました。

省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律)改正案の発表

省エネ法の改正案が公布されました。 改正案のポイントは、エネルギー需要の増加傾向が著しい民生業務部門等の対策強化を図るため、大規模オフィスビル等について大規模工場に準ずるエネルギー管理の仕組みを導入するとともに、建築物の建築段階において適切な省エネルギーに対する措置を講じる事を促進する仕組みを導入する事です。また、国がエネルギーの使用状況等をより適切に把握しつつ、対策を講じる事ができる仕組みを構築する事です。

具体的な改正案の内容は、以下になります。

  1. 第一種エネルギー管理指定工場の対象業種限定の撤廃
  2. エネルギー管理者選任義務についての例外規定の創設
  3. 第二種エネルギー管理指定工場についての定期報告
  4. 特定建築物の省エネルギー措置の届出の義務付け等

※(財)省エネルギーセンターホームページより引用

ビルの省エネルギー効果の診断をします

東芝では、ビルの省エネルギー効果の診断を行っています。
診断は、

  1. 図面による設備の把握およびデータによるエネルギー使用状況の把握
  2. ウォークスルーによる設備および運用状況の調査
  3. (1)および(2)の結果による省エネルギー効果の算出

の3ステップにより行います。

また、東芝の独自技術である快適空調制御の効果を検証したいお客様には、実際に装置を設置して効果を確認できる仕組みも用意しています。

※「BEMS」は(財)省エネルギーセンターの登録商標です。