ホーム > ビル・施設ソリューション事業 > ビル省エネルギーソリューション > ソリューションの全体像1

ソリューションの全体像1

東芝は、「ビルまるごと省エネルギー」を実現します。

東芝はお客様のビルの省エネルギーをより効果のあるものとするためにビル内の設備全体および設備間をまとめて検討し、東芝および東芝グループ全体における最先端の『省エネルギー技術』や最新の『省エネルギー機器』を活用して「ビルまるごと省エネルギー」を実現します。

「ビルまるごと省エネルギー」を実現するため、お客様に省エネルギー診断から設計・施工、導入後の運転支援・保守まで、ビルの省エネルギー全てに渡って継続的に省エネルギーサービスを提供します。

サイクル図

また、導入に必要な事業経費は省エネによるエネルギー削減効果によってまかなうESCO(Energy Service Company)事業とする事により省エネルギー効果を保証し、経費負担をかけない事業導入を可能にします。

ビルの省エネルギー診断および省エネルギー計画・提案

お客様のビルにおけるエネルギー使用状況から省エネルギー診断を行い、様々な角度からビル全体の省エネルギー実現の可能性を検討します。診断の結果から、お客様のビルに相応しい省エネルギー計画(費用対効果、設備投資、長期的展望など)を立案しご提案します。

このページのトップへ

省エネルギー導入のための設計・施工および省エネルギー効果検証

ビルで使用されている設備に省エネルギーを導入するために最適な機器およびシステムを選定し、ビル全体の省エネルギーを設計します。
また、豊富なリニューアルのノウハウを活かし、省エネルギー機器およびシステムの導入を施工します。
導入した省エネルギーについてはエネルギー使用量を測定し、省エネルギー効果を検証します。

エネルギー導入後の運転支援・保守

導入後の省エネルギー効果の維持・改善のため、導入した省エネルギー機器およびシステムの運転支援を行います。
また、効率的な運用のために、導入した省エネルギー機器およびシステムの保守を行います。

ESCO事業による省エネルギーの実現

省エネルギー機器の導入に必要な改修工事費や事業運営費等は、ESCO事業の省エネルギーによるエネルギー削減分によってまかないます。ESCO事業契約期間終了後は、エネルギー削減分のほとんどがお客様の利益となります。

ベースライングラフ