ホーム > ビル・施設ソリューション事業 > ビル省エネルギーソリューション > 東芝のZEB ZEB実現のための段階的アプローチ

東芝のZEB ZEB実現のための段階的アプローチ

東芝が考えるZEB実現のための段階的アプローチ

東芝はZEB実現のために、「建築上の工夫」「設備機器の高効率化」「エネルギーマネジメント」「再生可能エネルギー」など建設時の4段階のステップ以外に、開所後の施設の運用において継続的な省エネ推進を行う5段階めを設定しています。
BEMS(Building Energy Management System)により、過去データとの比較、現状の快適性や省エネの把握、将来の建物使用状況の変化への対応など、柔軟に日々の運用を見直し、持続的に改善努力を行っていきます。

東芝が考えるZEB実現のための段階的アプローチイメージ

ZEBの推進体制

当社は、ビルオーナー様、ビル管理者様、設計者・施工者様らと共創しながら、ZEB実現に向けて取り組んでいきます。

ZEBの推進体制 イメージ