ホーム > ビル・施設ソリューション事業 > ビル省エネルギーソリューション > 東芝のZEB ZEBの実現・普及目標

東芝のZEB ZEBの実現・普及目標

ZEBとは

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル、以下 ZEB)とは、「先進的な建築設計による負荷の抑制や自然エネルギーの積極的活用、高効率な設備機器の導入などにより、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することで、年間の一次エネルギー消費量の収支を正味(ネット)ゼロとすることを目指した建築物」 。

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)イメージ

ZEBの実現・普及目標

2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画(2014年4月)で、具体的なZEBの実現目標が設定されています。

  • 2020年までに、新築公共建築物などでZEBを実現
  • 2030年までに、新築建築物の平均でZEBを実現

今後、新設される建築物は、ZEBを意識して設計しなければなりません。

ZEBの実現・普及目標 イメージ

※ 経済産業省 「ZEBロードマップ検討委員会におけるZEBの定義・今後の施策など」 より作成