ホーム > 水・環境システム > 製品 > 産業水処理設備 > 無薬注ろ過システム

水・環境システム Water & Environmental Systems

産業水処理設備

無薬注ろ過システム

TOSAQUA™ SHF750L

特長

凝集剤を一切使用しないため環境負荷低減に貢献します

  • 無薬注ろ過システムは、SS()の凝集プロセスを不要とした直接ろ過方式を採用しています。
  • 再利用可能な機能粉を使用するため凝集剤の購入費が不要です。

薬品由来の汚泥発生量が削減できます

汚泥を産業廃棄物として処理している場合、汚泥発生量が減少するため処理費用の削減が見込めます。

有価値物質の回収が可能です

SS()に有価値物質が含まれる場合は高純度での回収が見込めるため、素材リサイクルと親和性の高いシステムです。

このページのトップへ

プロセスフロー

本システムは排水処理システムの各種プロセスの中で、SS()を除去する工程で使用します。
東芝は、本システムの特長を生かし、排水処理システム全体についてエンジニアリング提案いたします。

プロセスフロー イメージ

このページのトップへ

「機能粉」による新しい水処理

東芝は独自開発した機能粉で新しい水処理の可能性を追求しています。
本システムは固液分離用機能粉をろ過助材として使用します。
用途に応じて「選択吸着用機能粉」を使用したり、併用することで様々な水処理ソリューションを提供していきます。

「機能粉」による新しい水処理 イメージ

このページのトップへ

※懸濁物質(suspended solids)は、水中に浮遊または懸濁している直径2mm以下の粒子状物質で、SSと略される。