ホーム > 水・環境システム > 製品 > 産業水処理設備 > 高濃度有機性排水処理システム(UASB) > 概要

水・環境システム Water & Environmental Systems

産業水処理設備 l 高濃度有機性排水処理システム(UASB)

概要

このコンテンツを閲覧するには、Adobe® Flash® Playerが必要です。 Get Adobe® Flash® Player

高濃度有機性排水処理システムは、環境に影響を及ぼさないレベルまで排水の処理を行い放流します。
東芝UASBメタン発酵バイオリアクタシステムは高い経済性、エネルギーの有効利用、容易な運転管理などの優れた特長を有する画期的な水処理システムです。
食品工場に代表されるような有機物負荷の高い(BOD()濃度が2,000mg/L以上)排水の処理に適しています。

下水道放流に最適です。

下水道放流の例(基本システム)

  • 排水処理水を下水道へ放流する場合、BOD()濃度によって基本システムか2-Stageシステムを選択します。

下水道放流の例(基本システム) イメージ

※生物化学的酸素要求量(biochemical oxygen demand)は、有機物が生物学的に分解され安定化するために要する酸素量をいい、水の汚濁状態を表す指標の一つであり、BODと略される。

再生可能エネルギーであるバイオガスが回収できます。

  • ガスエンジン発電機やコージェネレーションシステムなどを導入することにより、電力と熱エネルギーとして回収・利用できます。
  • バイオガスボイラを導入する事により、熱エネルギーとして利用できます。
  • 生物脱硫装置を適用することで、ランニングコストが低減できます。

バイオガス利用システムの例 イメージ