ホーム > 水・環境システム > 製品 > 電動力応用設備 > 高圧インバータ

水・環境システム Water & Environmental Systems

電動力応用設備

高圧インバータ

概要

高圧インバータのイメージ

TMdriveシリーズは、最先端のパワーエレクトロニクス技術を融合した幅広いニーズにお応えできる新しいインバータ装置で、高圧誘導電動機をダイレクトに可変速運転し、高効率、高力率、省エネルギーを実現します。
上下水道でも高圧モータで駆動する大容量のポンプやブロワなどへ幅広く適用されています。

特長

  • 適用モータ出力
    • 3.3kV級:200〜5700kVA
    • 6.6kV:400〜11400kVA
  • 入力変圧器の多重化で高調波を低減
    単相出力のPWMインバータ(セルインバータ)を直列多段接続で構成し、18パルス(3kV系)、36パルス(6kV系)整流相当(標準仕様)を実現し、高調波抑制対策ガイドラインをクリアしています。力率改善コンデンサはもちろん高調波フィルタも不要です。

左:TM-drive-MVGの入力波形(18パルス整流の例) 右:電源側高調波電流(18パルス整流の例)

TMdrive-MVGの電源側高調波電流含有率(18パルス整波の例)(1800kVA実負荷試験での測定値例)

次数5次7次11次13次17次19次23次25次
高調波電流含有率(%)1.40.50.60.51.10.60.30.5
ガイドライン上限値(%)4.02.81.81.51.11.00.870.8
  • 安定した速度制御を実現
    速度センサは不要であり、センサレスベクトル制御により、安定的に速度制御を実現できます。オプションでセンサ付ベクトル制御も可能です。

TMdrive-MVGの出力波形 左:3kV系の場合 右:6kV系の場合

  • 標準電動機でも運転可能
    マルチレベルPWM制御により、階段状の近似正弦波出力電圧を実現し、加えて独自のスイッチングシフト制御によりスイッチングサージを大幅に低減し、既設電動機(標準電動機)でも運転可能です。
  • 高効率
    定格1700Vの高圧IGBTの採用により、高効率可変速ドライブシステムを実現しています。
  • 高力率
    単相出力のPWMインバーインバータ(セルインバータ)を直列多段接続で構成し、位相制御をしていないため高力率での運転が可能です。力率改善コンデンサも不要です。