停電時、住宅用太陽光発電自立運転方法について

停電時の自立運転切替方法について

東芝住宅用太陽光発電システムをご利用いただきありがとうございます。
太陽光発電システムが発電している時に、災害等による停電が発生した場合、太陽光発電システムの運転は自動的に停止します。
その際はお客様ご自身が手動で、パワーコンディショナを「自立運転」に切り替えることにより、ご自宅の太陽光発電システムで発電した電力を最大1,500Wまでご利用いただくことができます。

発電した電力は、パワーコンディショナ本体もしくは、屋内壁面などにある「停電用コンセント」からAC100V、15A(出力合計最大1,500W)までご利用いただけます。
操作方法については、取扱説明書の安全上の注意に従い、操作することで「自立運転」が可能です。

*「自立運転」とは、停電などにより電力会社から電力が供給されなくなっても、太陽電池が発電している間はパワーコンディショナの停電用コンセントから電力を使用する運転のこと。

なお、停電が解消し、「自立運転」を必要としない場合は、「連系運転」へは自動的に切り替わらないため、再度お客様ご自身が手動により「連系運転」に切り替える事で通常の運転状況に戻すことができます。
操作方法については、取扱説明書の安全上の注意に従い、操作することで「連系運転」が可能です。

屋内パワーコンディショナ
TPV-PSC0**0B1/TPV-PSC0**0B(3.0kW/4.0kW/5.5kW)切替方法はこちら TPV-PSC0400A(4.0kW)切替方法はこちら
TPV-PSC0550A(5.5kW)切替方法はこちら
屋外パワーコンディショナ
TPV-**M1/TPV-**M/TPV-**M1-J4/TPV-**M-J4(4.4kW/5.5kW)切替方法はこちら
SB4500TL-JP-22(4.5kW)切替方法はこちら
TPV-59R1-M4/TPV-59R-M4(5.9kW)切替方法はこちら
TPD-H59-M4(5.9kW)/TPD-H45-M3(4.5kW)/TPV-H4J-M2(4.0kW)切替方法はこちら

【注意事項】

天候や日射量によっては、発電が不安定になり、停電用コンセントの電圧出力が変化する場合があるため、次の機器を停電用コンセントに接続しないでください。 すべての医療機器、灯油やガスを用いる冷暖房機器、パソコン・ワープロなどの情報機器、その他、接続した機器が停止すると生命や財産に損害を及ぼすもの。
自立運転に切り替える前に必ず太陽光発電ブレーカを「OFF」にしてください。万一の場合、感電や火災が起こる恐れがあります。
夜間や、日中でも日射量の少ないときはご利用いただけません。
コンセントプラグは停電用コンセントへ確実に接続してください。また、濡れた手で停電用コンセントを抜差ししないでください。 万一の場合、感電や火災が起こる恐れがあります。
停電用コンセントに機器を接続したままにしないでください。
停電用コンセントを他の家庭内のコンセントと接続したり、コンセントプラグ以外を挿入したりしないでください。
負荷が1,500W(15A)以上になる場合、または掃除機や冷蔵庫など、電流が急激に流れる機器を使用する場合に保護機能が働きパワーコンディショナが停止することがあります。停止した場合は、以下手順を行ってください。(但しシステムに損傷がない場合に限ります。)(1)運転スイッチを「OFF」にしてください。(2)停電用コンセントに接続している電気製品を減らしてください。(3)運転スイッチを再度「ON」にしてください。
パワーコンディショナを複数台使用している場合、自立運転させたいパワーコンディショナの太陽光発電ブレーカを「OFF」にし、自立運転に切り替えてください。

お客様ご自身で取扱説明書に従っても設定できない時や、自立運転していない場合、
もしくは、連系運転していない場合は、
お買い求めの販売店もしくは弊社ご相談センターまでご相談ください。

03-5352-7657

03-5352-7623