太陽光でエコな暮らしを

太陽光発電ハイブリッド蓄電システムのしくみ

日中は太陽光つくった電力を使い、朝夕は深夜の安い電気を充電した蓄電池の電気を使う。もしもの停電時も蓄電池がついているので安心です。

太陽光発電ハイブリッド蓄電システムのしくみ
太陽光発電ハイブリッド蓄電システムの連携
  • 太陽光発電のしくみ
  • 太陽光発電ハイブリッド蓄電システムのしくみ

※1 公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/u、モジュール温度25℃での値です。

※2 停電時はあらかじめ選定した電気製品へ(最大1,500Wまで)。

※3 蓄電池ユニット(TPV-S-B64)を用いた太陽光発電ハイブリッド蓄電システム1システム設置の場合。使用時間は蓄電池(新品)がフル充電されている場合の目安であり、太陽光発電の状況、蓄電池の残量、電気製品の使用状況などによって異なります。ENG-B5048C-Nシリーズの場合は消費電力が440Wならば最大約9時間。

※4 停電時、蓄電池はシステム保護のため、ある一定の蓄電残量になると放電を停止します。

※5 最大2,200Wまで蓄電池へ充電できます。天候の状況、設置条件などにより、消費電力によっては充電できないことがあります。

● 太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。

● 画像はイメージです。

私が太陽光発電システムを導入した理由
もっと節電して人の役に立てるようがんばります♪

わが家だけでなく、
他の家にも電気を供給していると思うと
素晴らしいですね。

設置した当初は「少しがんばりすぎたかな?」と思ったんですよ。けっして安い買い物ではなく、ローンが増えたわけですから、少なからず家計に響きました。でも、自分で使う電気を自分で発電できる上、余った電力は売れば電線に戻って他の家で使うことができるわけでしょう。

続きはこちら

トータルで9,258円のメリット

03-5352-7657

03-5352-7623