パワフル発電の東芝

パワフル発電のひみつ

太陽のチカラをしっかりエネルギーに変える!選ぶなら最大モジュール変換効率・世界NO.1
東芝は総合変換効率20.4%!世界トップレベルの発電力
世界トップレベルの発電力で10年後大きく差をつけましょう!
Sシリーズの250Wモジュールは限られたスペースを最大限に活用しより多く発電できます。
1日の発電量が違うから、より多く発電できます。
10年間で発電量の差はさらに大きくひらきます。
面積あたりの発電量が多いので、限られたスペースでもたっぷり発電。日本の屋根にぴったりです。

他にもこんなひみつが!

コンパクト&軽量
住まいのこと考えて、より小さく、より軽く

コンパクト&軽量

いままでの太陽電池モジュール、
日本の屋根にはちょっと大きかった。

スマートなデザイン
設置後の見た目にもこだわりを

スマートなデザイン

住宅の外観にこだわるように、太陽電池
モジュールの外観にも、こだわってください。

私が太陽光発電システムを導入した理由
発電量を重視してTOSHIBAを選んで大正解♪

雪国でもしっかり発電。
発電力の高さを実感しています。

先につけた方からいろいろお話を聞いて、太陽光発電に興味を持ったんです。今は低金利なので、例えば銀行に300万円を1年預けても、利息は1000円いかないですよね。それなら、エコにもなる太陽光発電に投資すれば、年間10万円近く売電収入が見込めるので導入を決めました。

続きはこちら

トータルで16,064円のメリット
※1SPR-X21-345について。一般の市場に商品として流通している量産レベル(実験レベルは除く)の住宅用太陽光発電システムにおける当社調べ。2016年10月1日現在。
※2公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です。
※3システムの容量はJIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。
※4設置時の太陽電池モジュールの総面積(2014年度当社従来機種VシリーズLPV-200E-BLK-Jの200Wは24.62u、SシリーズSPR-253NX-WHT-Jの253Wは24.88u、SPR-X21-345の345Wは24.46u)です。
※5年間推定発電量は、2014年度当社従来機種VシリーズLPV-200E-BLK-J、SシリーズSPR-253NX-WHT-J、SPR-X21-345で構成する太陽電池容量に対し、設置地域を東京都府中市、設置方位を真南(0°)、設置角度を30度とし、[NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)/(一財)日本気象協会「日射関連データの作成調査」(平成10年3月)]の年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)と当社シミュレーションによる見込数値です。実際に使用したときの発電量は、日射量や設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域差および温度条件によって異なることがあります。影、積雪、経年劣化、出力抑制による影響は考慮していません。
※6LPV-200E-BLK-Jのシステムの場合、発電電力は次の損失により、最大でも太陽電池容量の70〜80%程度になります。太陽電池損失/温度補正係数:3〜5月および9〜11月は14.6%、6〜8月は18.7%、12〜2月は10.4%。パワーコンディショナ損失5%。その他損失(雨風で流れないような受光面の汚れ・配線・回路ロス)5%。
※7Esys(年)=Σ(Kh×Kpcs×Kj×Elight)、Esys:単位容量あたりの年間推定発電量[kWh]、Kh:補正係数、Kpcs:パワーコンディショナ変換効率、Kj:その他の損失、Elight:各月の日射量[kWh/u(] 1〜12月)。
※8SPR-253NX-WHT-J、SPR-X21-345のシステムの場合、発電電力は次の損失により、最大でも太陽電池容量の70〜80%程度になります。太陽電池損失/温度補正係数:3〜5月および9〜11月は4.6%、6〜8月は7.4%、12〜2月は1.7%。パワーコンディショナ損失5%。その他損失(雨風で流れないような受光面の汚れ・配線・回路ロス)5%。
※92016年4月〜2017年3月までに買取りのお申込みをされた、発電出力が10kW未満かつ自家発電設備を併設しない住宅用太陽光発電システムの東京電力エナジーパートナー、中部電力、関西電力の買取価格です。 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、淡路島南部地域を含むは、33円(税込)になります。 くわしくは経済産業省資源エネルギー庁のホームページでご確認ください。http://www.enecho.meti.go.jp/
※10出力制御適用時には、売電できないことがあります。くわしくは各小売電気事業者にお問い合わせください。
※11使用した数値は目安であり、天候条件、モジュールの汚れ、経年劣化は考慮していません。
● 太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。
● 画像はイメージです

03-5352-7657

03-5352-7623