ホーム > 社会システム事業 > 放送・通信システム > 放送トータルシステム > デジタルサテライト(送信ネットワーク中継装置)

デジタルサテライト(送信ネットワーク中継装置)

TS−TTL装置

TS−TTL装置 イメージ

特長

  • 回線品質の安定、向上を図るために、同相合成スペースダイバーシティ受信を採用。
  • 受信変換部のLNAにHEMTを採用し、NFの改善を図り、それにより回線マージンを確保。
  • 送信出力4W化(B、C、Dバンド)により、長距離伝搬の伝送、電力分配による回線構築が可能。
  • 1ラック3ch(現用/予備)6台実装可能。(標準)
  • 1ラック4ch(現用/予備)8台実装可能。(オプション)

IF−TTL装置

IF−TTL装置 イメージ

特長

  • 多段中継回線に最適な従属同期低雑音方式を採用し、位相雑音の抑圧により送受対向での機器等価C/N45dB以上を実現。
  • 2パイロット方式(特許出願済)により、送受IF周波数偏差≦±0.01Hzを実現し、安定したSFNの構築が可能。
  • 送信出力2W化(B、C、Dバンド)により、長距離伝搬の伝送、電力分配による回線構築が可能。
  • 1ラック8ch(現用/予備)16台実装可能。

デジタル中継局送信機

デジタル中継局送信機 イメージ

特長

  • IM −50dB以下を実現。
  • フィードフォワード歪補償方式を採用。
  • 2Uに基本装置を2台実装。
  • 放送波中継、TTL中継、SFN、MFNなど多彩な方式に対応。
  • 現用予備切替方式、N+1切替方式、N+1実装方式、基本装置切替方式他、各システムに対応。
  • 100W〜0.1Wまでの各出力システムに対応。
  • MCPAシステム(多波増幅)に対応。

C/Nリセット装置(※)

C/Nリセット装置 イメージ

特長

  • OFDM信号を復調&復号し、放送TS信号を再構成し、再変調する事が可能。
  • 誤り訂正の効果により、前段までのすべてのC/N劣化(伝送路劣化、干渉劣化)をリセットする事が可能。
  • 放送波中継における多段中継回線や長距離・海上伝搬回線に効力を発揮。
  • C/Nリセット装置を用い、経済的な中継システムを構築する事が可能。

※本製品は、日本テレビ放送網株式会社殿との共同開発品です。