ホーム > 社会システム事業 > 放送・通信システム > 放送トータルシステム > VIDEOS neo

VIDEOS neo

このコンテンツを閲覧するにはAdobe® Flash Player®が必要です。

概要

高信頼性

Flash Memory、RAID、メモリ冗長化機能

  • データストレージ媒体に高信頼のフラッシュメモリを採用。
  • メモリ部は特定のエリアに書き込みが集中しないよう書き込みを分散する仕組みを採用し更なる長寿命化を実現。
  • メモリ基板を5枚構成にすることで、万が一メモリ基板が1枚故障した場合でも、素材再生・出力が可能となり、更に安定した運用を行うことができます。またリビルド機能で、メモリ基板交換時に収録済素材データの復元を行うため、素材データの再収録が不要となります。

多入出力・高可用性

MXF、高速ファイルインターフェイス

  • MXFファイルなどのファイルを800Mbps/ポート(※)で高速インタフェースすることが可能。ファイルベース時代に相応しいワークフローを実現。
    ネットワーク等の周辺環境によります。

多入出力

  • 多入出力に対応し、出力チャンネルは、最大同時40出力に対応。

オープンインタフェース

VDCP、API、SEC-NET LAN

  • VDCPやEthernet系のAPIにより、オープンなインタフェースでシステム構築をすることができます。

低消費電力・省スペース

Green Server、Flash Memory

  • 64Gbitフラッシュの採用により、単位面積あたりの実効効率をアップするとともに、低消費電力、省スペースを実現。

柔軟性

0.25TB、0.5TB、1TB

  • メモリボードを3種類用意し、最大60TBまで拡張することが可能で、小規模から大規模システムに対応。

MPEG2 Long GOP/All-I、AVC Intra 50/100

  • マルチCODECに対応し、CODECの混在運用が可能。
    将来のファイル運用を想定し、今後も様々なCODECへの拡充を検討。

アップコンバート機能内蔵、ダウンコンバート機能内蔵

  • お客様の資産を有効活用できるように、アップコンバート、ダウンコンバート機能を内蔵し、フレキシブルなシステム環境を提供。

このページのトップへ

特長

独自フラッシュメモリ管理技術搭載により高い信頼性を実現

従来のフラッシュメモリへの分散書き込み技術や誤り訂正符号化技術を強化し、新開発したメモリチップの障害を個々のチップまで管理できる技術を採用して、より高信頼なサーバを実現しています。

省電力・省スペースを実現

  • 当社製64ギガビットのNANDフラッシュメモリチップ(二値:SLC)を採用して、省スペースで大容量のストレージを実現しています。
  • 大容量フラッシュメモリチップおよび低消費電力設計により、従来品に比べ、消費電力を40%削減するなど、低ランニングコストのグリーンサーバ環境を構築します。

当社製NAND型フラッシュメモリ ※実際利用するものとは形状が異なる場合があります。

高いフレキシビリティ

  • ボード構成は0.25テラバイト、0.5テラバイト、1テラバイトの3種類のメモリボードから選択できます。
  • 各種ボードは、ホットスワッパブル(活栓挿抜)設計となっており、システムの柔軟な変更・拡張や容易な保守が可能となります。
  • 将来の大容量チップとの共存も可能にするような設計をしており、長期間ご使用頂けます。

オープンな制御インターフェイス

基本的な制御インタフェースとして、SEC-NET LAN ( 当社製制御LAN) に対応する他、VDCP (Video Disk Control Protocol) やEthernet系の API (Application Program Interface) により、オープンなインタフェースでシステム構築をすることができます。

オープンな制御インターフェイス イメージ

MXFファイルに対応し、800Mbps/ポート(※)の高速ファイル転送を実現

  • 世界標準規格(SMPTE) の1つであるMXFファイル(OP1a)に対応しており、異なるサーバ間でのファイル交換が可能です。
  • 当社独自の高速通信プラットフォーム「NPEngine™」を搭載し、高速ファイル転送を実現し、HD画像のような大容量ファイルも高速転送が可能です。
ネットワーク等の周辺環境によります。

MXFファイルに対応し、700Mbps の高速ファイル転送を実現 イメージ

最大出力数40出力、最大容量60テラバイトまで選択可能な「拡張性」を確保

  • サーバ内に広帯域な伝送路を採用し、複数のサーバとの高速ファイル交換や、最低2出力から最大40出力までのフルHD映像の同時出力がフレーム精度で可能です。
  • 1テラバイトから60テラバイトまでストレージ容量を拡張することができるため、小規模から大規模までのサーバシステムを構築することができます。

最大出力数40出力、最大容量60テラバイトまで選択可能な「拡張性」を確保 イメージ

マルチコーデック対応を実現

  • コーデックはMPEG2 LONG GOP/I-frame onlyとAVC-Intra (H.264 I-frame only) に対応します。
  • MPEG2 LONG GOP/I-frame onlyとAVC-Intra (H.264 I-frame only) 混在運用が可能であり、シームレスな送出運用環境を実現します。

このページのトップへ

システムサンプル

CM、番組サーバ

  • ベースバンドおよびファイル入力に対応
  • 東芝APC他、豊富な制御インタフェースで制御が可能

システムサンプル イメージ

仕様

Technical specifications
入出力信号フォーマット 映像 HD-SDI:SMPTE 292M 1080i 59.94Hz
SD-SDI:SMPTE 259M 480i 59.94Hz
音声 Embedded Audio:
16 audio channels per video channel on 75Ω BNC ;
Discrete AES/EBU (SMPTE 272M) :
16 inputs (8 pairs) on BNC (75Ω unbalanced)
ファイル MXF OP1a
入出力数 ベースバンド
入力数
最小1ch 最大30ch
ベースバンド
出力数
最小2ch 最大40ch
圧縮フォーマット 映像 MPEG2 LONG GOP/I-frame only, AVC- Intra
対応
bit rate
HD:
MPEG2 LONG GOP 17.5Mbps、25Mbps、35Mbps、50Mbps/AVC-Intra50Mbps、100Mbps
SD:
MPEG2 I-frame only 30Mbps、40Mbps、50Mbps
音声 非圧縮PCM 24ビット@48KHz
Dolby Digital and Dolby E passthrough
ストレージ Storage Device SLC 64Gbit Flash Memory (将来の大容量フラッシュメモリにも対応予定)
Selectable
Memory Board
3 type:0.25/0.5/1TB (お客様の要望に応じて選択可能)
Storage
(per 5RU chassis)
標準5RU筺体での最大搭載容量:8TB (2メモリセット)
1メモリセットは、4枚のメモリボードで構成。
(メモリ冗長時は5枚で構成)
最小記録時間 例 65Mbps:30時間程度
最大記録時間 例 65Mbps:1000時間程度
Genlock アナログBB
(Black Burst)
BNC, 75Ω
ネットワークインタフェース 1Gbps Ethernet 最大30ポート (素材の入出力、マイグレーション用)
ファイル転送速度 (最大800Mbps/ポート)
※ネットワーク等の周辺環境によります。
保守用Ethernet
制御プロトコル SEC-NET LAN
API/Ethernet
RS-422 (Protocol:VDCP etc)
Chassis/Mechanical/Electrical specification
筺体タイプ・寸法 他 5RU 221(H)×436(W)×576(D) フリースロット対応
電源 電源 100-240V
冗長電源 (Hot swappable)
消費電力 フリースロットのため、構成による。
環境条件 温度 5 to 35℃