ホーム > コミュニティ・ソリューション事業 > ビルファシリティシステム > 無停電電源装置(UPS)

無停電電源装置(UPS)

UPSは信頼性+αの時代

UPSとは

UPS(Uninterruptible Power Systems 無停電電源装置)は、停電などの電源トラブルが発生した場合に、蓄電池を利用してコンピュータや周辺機器に高品質な電源を安定供給し、重要なコンピュータシステムを停電や電力トラブルから守る電源システムです。 小規模なサーバから、データセンタなど大規模なシステムまで、あらゆる重要な情報・通信設備を守るために必要な機器といえます。

東芝のUPSは、あらゆるシステムや容量に応じて最適な機種を取り揃え、大切なデータを守ります。

UPSの動作原理

UPSの動作原理 イメージ

  1. 交流入力を、直流に変換し、直流を交流に逆変換して高品質の交流出力を供給します。
  2. 交流入力が停電または電圧低下した場合、蓄電池電力を逆変換し、交流出力を供給継続します。

UPSの基本構成

UPSの基本構成は下記のとおりです。

UPSの基本構成一覧表
コンバータ
(順変換器)
電力を交流(AC)から直流(DC)に変換するための装置です。
インバータ
(逆変換器)
電力を直流(DC)から交流(AC)に変換するための装置です。蓄電池から取り出された直流を、交流電力へと変換するために使用します。
無瞬断切換
スイッチ
UPS電源と商用バイパス電源を無瞬断で切換えるスイッチで、UPS点検時または万一のUPS故障時に適用します。TOSNICシリーズは全てハイブリット式の切換装置を用いており、サイリスタとコンタクタ(機種によって単投式2台の場合と双投式1台の違いがあります。)の組合せとなります。
蓄電池 交流入力側電源異常(停電、電圧低下など)時にあらかじめ充電された直流電力を放電します。

UPS基本構成図

UPS基本構成図 イメージ