ホーム > ビル・施設ソリューション事業 > 無停電電源装置(UPS) > UPSの必要性とメリット

UPSの必要性とメリット

商用から供給される電源は、突然の停電や電圧変動が発生することがあります。
その電源トラブルの要因としては次のような事象があげられます。

電源トラブルの要因一覧表
自然災害による停電 雷、暴風雨、雪、地震など
人為的な要因による停電 電線路の点検や工事などによる停電
急な電圧変動 他の機器からの影響による急な電圧変動
その他 ノイズ、周波数変動、瞬時電圧低下など

このような停電や電圧変動はいつでも発生する可能性があります。コンピュータは電源変動に敏感なので、大きな損害につながる電源トラブルによるシステムの停止やデータの破損・損失には、防止策が必須です。 また、電源トラブルは事前に予想できないので、常に準備が必要です。

UPSはこのような予測不可能な電源トラブル時に、停電補償時間の間、高品質電源を安定供給することで、データ消失などの損害を未然に防ぐ装置です。 このようにUPSは大切な情報資産等を守るために必要な機器といえます。