ホーム > 製品情報 > 計装・産業機器・システム > 統合コントローラ Vシリーズ > シーケンスコントローラ S2T/S2E

シーケンスコントローラ S2T/S2E

シーケンスコントローラ S2T/S2E イメージ

プログラマブルコントローラ PROSEC Tシリーズとプログラム互換のプロセッサです。 統合コントローラ model 2000 タイプのハードウェアで、Tシリーズのソフトウェア資産を継承できます。

S2T

統合コントローラ Vシリーズの統合機能を持ったTシリーズ互換の高性能コントローラ

  • プログラム容量: 32K/64Kステップの2タイプ
  • 命令語実行速度: 接点命令 90ns
  • 最大入出力点数: 2048点 (64点DIO x 32モジュール)
  • Vシリーズの高速ステーションバスをサポート。コンピュータモジュールとのマルチCPU構成も可能

S2E

PLC機能に最適化したTシリーズ互換のバリューモデル

  • プログラム容量: 32Kステップ
  • 命令語実行速度: 接点命令 110ns
  • 最大入出力点数: 2048点 (64点DIO x 32モジュール)
  • Vシリーズ model 2000 のパラレルバスI/O(G2I/O)に対応 (ステーションバス対応無し)

このページのトップへ

特長

Tシリーズとプログラム互換

S2T/S2Eのプログラミングには PROSEC Tシリーズ用プログラミングツールT-PDSを使用します。Tシリーズのソフトウェア資産がそのまま活用できます。

高速・高性能制御を実現

32ビットプロセッサと専用演算プロセッサの並列動作により、命令語の高速実行とスキャンオーバーヘッドの大幅な短縮を実現しました。高速スキャンが要求されるマシン制御から、フローティング演算を多用した複雑な制御まで、多様な用途に適用可能です。

シリアルポート標準装備

RS-485ポートをCPUモジュールに標準装備しています。プログラマブル表示器や上位PCとコンピュータリンクでの通信が行えます。
また、このポートを汎用通信モードに設定することで、バーコードリーダや温調器などの機器とASCIIコードでのシリアル通信が可能となります。

Vシリーズ統合機能を継承 (S2Tのみ)

S2Tは、Vシリーズの32ビットプロセッサバス(ステーションバス)をサポート、コンピュータモジュールC2との統合構成を実現できます。
ステーションバスによって、コンピュータモジュールやイーサネットなどのネットワークモジュールと高速データ受け渡しが可能です。

大容量データメモリ搭載 (S2Tのみ)*1

1Mバイトの拡張データメモリを搭載しています。バッテリによりバックアップされていますので、データロギングなどの用途に活用できます。

※1
PU672Tのみの仕様です
機能仕様一覧表
モデル S2T S2E
CPU型式 PU672T PU662T PU612E
制御方式 ストアードプログラム サイクリックスキャン方式
スキャン方式 定刻スキャン方式/フローティングスキャン方式(ユーザ設定)
(定刻設定:10〜200ms 10ms単位)
入出力方式 一括リフレッシュ/ダイレクト入出力
入出力点数 1024点(32点I/O使用時)
2048点(64点I/O使用時)
ローカルI/O:最大8192点/512ワード
プログラム言語 ラダー図(リレーシンボル+ファンクションブロック)
SFC(シーケンシャルファンクションチャート)
プログラム容量 64kステップ 32kステップ 32kステップ
メモリ メインメモリ:SRAM(バッテリバックアップ) 周辺メモリ:フラッシュROM
拡張メモリ:SRAM 1MB
(バッテリバックアップ)
- -
命令語 基本命令:24種 応用命令:206種
演算速度 0.09μs/接点 0.18μs/コイル 0.54μs/転送 0.90μs/加算 0.11μs/接点 0.22μs/コイル
0.65μs/転送 1.08μs/加算
マルチタスク機能 メインプログラム:1本 サブプログラム:4本
定周期割込み:1本(1〜1000ms、1ms単位)
I/O割込み:8本(割込み応答500μs以下)
ユーザデータ 入出力リレー/レジスタ 8192点/512ワード
(X/Y、YW/YWは一括入出力)
(I/O、IW/OWは直接入出力)
補助リレー/レジスタ 16000点/1000ワード(R/RW)
特殊リレー/レジスタ 4096点/256ワード(S/SW)
タイマリレー/レジスタ 1000点(T./T)
(0.01sタイマの本数は可変(初期値:64点))
カウンタリレー/レジスタ 512点(C./C)
データレジスタ 8192ワード(D)
リンクレジスタリレー
/リンクレジスタ
TOSLINE-S20用
16000点/2048ワード(Z/W)
(前半1000ワードはビット指定可能)
リンクリレー
/リンクリレーレジスタ
TOSLINE-F10用
4096点/256ワード(L/LW)
ファイルレジスタ 32768ワード(F)
拡張ファイルレジスタ 512kワード - -
インデックスレジスタ 3ワード(I、J、K)
停電保持 RW、T、C、Dレジスタについて、停電保持領域の指定が可能
Fレジスタは全領域停電保持
カレンダ機能 年、月、日、時、分、秒、曜日
ハイブリッド機能 コンピュータモジュール C2 との
複合構成可能
ネットワークサポート ステーションバスモジュール Ethernet(10M/100M)
TOSLINE-S20/S20LP
I/Oバスモジュール FL-net
TOSLINE-F10
DeviceNet
TOSLINE-S20
FL-net
TOSLINE-F10
DeviceNet
コンピュータリンク RS-485(標準装備)
自己診断 バッテリレベル、I/Oバス、I/O応答、I/O照合、I/Oパリティ、
ウォッチドックタイマ、イリーガル命令、LPチェック 他

このページのトップへ

I/O

S2T/S2Eは model 2000のパラレルバスI/Oがそのまま利用できます。

パラレルI/O

I/Oモジュールは基本ユニットに最大8モジュール、拡張ユニットに最大8モジュール実装できます。拡張ユニットは最大3台接続でき、合計で32モジュールを制御できます。

このページのトップへ

ネットワーク

Ethernet (S2Tのみ)

上位HMIシステムとの接続またはコントローラ間通信に使用する監視制御LANです。Ethernetモジュールは100Mbpsと10Mbpsをラインアップしています。

仕様一覧表
形式 EN611 EN631 EN651A
準拠規格 10BASE5 10BASE2 100BASE-TX/10BASE-T
伝送速度 10Mbps 100Mbps/10Mbps
最大ケーブル長 500m 185m 30m(ノード−ハブ間)
プロトコル TCP/IP UDP/IP
伝送方式 ポイントtoポイント伝送
マルチキャスト伝送
ブロードキャスト伝送
サポート機能 コンピュータリンク機能
PCリンク機能
ソケットインタフェース

TOSLINE-S20/S20LP (S20LPはS2Tのみ)

Vシリーズコントローラ、TシリーズPLC、ドライブ装置、各種計装機器との伝送に使用する制御LANです。TOSLINE-S20/S20LPは、時間確定型伝送に適したスキャン伝送をサポート。さらに1対1メッセージ伝送もサポートしています。
伝送媒体としては、同軸ケーブル(S20)、光ファイバーケーブル(バス型:S20、二重ループ:S20LP)が利用でき、長距離化、耐ノイズ性などシステム環境に柔軟に対応します。
S2Tはステーションバスタイプのモジュールを、S2EはI/Oバスタイプのモジュールを使用します。

仕様一覧表
型式 TOSLINE-S20 TOSLINE-S20LP
SN625(ステーションバス)
SN621(I/Oバス)
SN626(ステーションバス)
SN622(I/Oバス)
SN627(ステーションバス)
伝送構成 バス型(同軸) バス型(光) 光二重ループ
伝送速度 2Mbps
伝送距離 同軸ケーブル:全長1km
光ファイバケーブル:ステーション間1km
システム全長:最大10km
局間:最大1km
全ループ長:最大30km
伝送手順 スキャン伝送 メッセージ伝送
スキャン伝送容量 1024ワード 4096ワード

FL-net

FL-netは、JIS B3521に制定されている コントローラレベル標準ネットワークです。Ethernetベースのネットワークで、各社のコントローラ、プログラマブル表示器、ロボットコントローラ、NC装置、コンピュータなどとの高速データリンクが可能となります。
FL-netはマルチベンダ高速データリンクを実現できる標準ネットワークとして今後の普及が期待されています。

仕様一覧表
型式 FL611 FL612
接続方式 10BASE5/10BASE-T(選択)
伝送速度 10Mbps
伝送路構成 バス
伝送距離 10BASE5:500m(リピータ使用時 最大2500m)
10BASE-T:100m(リピータ使用時 最大500m)
通信方式 サイクリック伝送(ブロードキャスト)、メッセージ通信
インタフェース コモンメモリ:8kビット + 8kワード(サイクリック伝送用)
プロトコル規格 Ver.1.00 Ver.2.00

FL-net リモートI/Oステーション

標準ネットワーク FL-net対応のリモートI/Oステーションです。 リモートI/Oステーションの入出力データはFL-netの伝送コモンメモリに割り付けられますので、S2T/S2Eを始めとする各種コントローラからFL-net経由で遠隔のI/Oにアクセス可能です。

仕様一覧表
型式 FL654
プロトコル規格 FL-net プロトコルVer.2.00
接続方式 10BASE-T
伝送速度 10Mbps
伝送路構成 バス
伝送距離 100m(リピータ使用時 最大500m)
サポートI/Oモジュール 統合コントローラVシリーズ model 2000 パラレルI/Oモジュール
(一部使用できないI/Oもあります)
最大I/Oモジュール数 1ステーションあたり32モジュール

TOSLINE-F10

小点数分散I/Oシステムに対応した省配線フィールドネットワークです。統合コントローラVシリーズやTシリーズPLCとのデータリンクも可能です。 加工が容易なツイストペア線を使用し、ライン・機器内の省配線を容易に実現します。

仕様一覧表
型式 UN611/UN612
伝送モード 高速モード 長距離モード
伝送路構成 バス
伝送速度 750kbps 250kbps
伝送距離 最大500m 最大1km
通信サービス スキャン伝送
スキャンデータ容量 32ワード
スキャン伝送周期 7ms/32ワード 12ms/32ワード

DeviceNet

DeviceNetに準拠した機器との伝送に使用するフィールド機器ネットワークです。入力/出力装置、センサ、ドライブ装置など国内外のさまざまなメーカ機器と接続ができます。

仕様一覧表
型式 DN611A
伝送路構成 バス
伝送速度 125kbps 250kbps 500kbps
伝送距離 500m 250m 100m
スキャンデータ容量 入力128ワード(2048点) + 出力128ワード(2048点)
通信機能 ポーリング
ビットストローブ

汎用シリアル通信インタフェース CF612 (S2Tのみ)

各種機器とのシリアル通信を行うためのモジュールを準備しています。上位コンピュータの他、各種コントローラ、インバータ、計測器、IDシステムなど、幅広い機器との接続が可能となります。
また、CF612はコンパクトフラッシュ(CF)カードを装着することもできますので、現場のログデータなどをCFカードに蓄積することも可能です。

仕様一覧表
型式 CF612
インタフェース RS232C 1ポート、RS422/RS485 1ポート
同期方式 非同期(調歩同期)
通信方式 全二重
伝送速度 300, 600, 1200, 2400, 4800, 9600, 14400, 19200, 28800, 38400, 57600, 115200
フレーム構成 スタートビット:1ビット
データビット長:7ビット または 8ビット
パリティ:無し/奇数/偶数
ストップビット:1ビット または2ビット
伝送コード ASCIIコード/JIS 8ビットコード
メッセージ長 最大1024バイト
サポートプロトコル PROSEC-Tシリーズ コンピュータリンク
フリーポート(無手順)…(終了コード、メッセージ長 モード選択)
カードスロット コンパクトフラッシュ 1スロット
対応フォーマット FAT12/16
対応ファイル形式 CSVファイル、バイナリファイル
対応メディア容量 32MB〜1GB

このページのトップへ

サポートソフト

プログラミングツール T-PDS

S2T/S2Eのプログラム設計からデバッグ・メンテナンスまでを一括して行うプログラミングツールです。

  • リレーシンボルを貼り絵のように画面上に配置する簡単プログラミング
  • スキャン途中のデータを監視できるリアルタイムオンライントレース機能
  • 強制入出力、サンプリングトレース、ステータススラッチなど、デバッグや試運転に有効な機能を満載
  • トラブルシューティングやプログラム読出し禁止など、保護レベル選択可能なパスワード機能
  • 複数の設計者による分散プログラム開発を可能にするプログラム結合機能
  • 公衆回線を利用したリモート接続可能(モデムダイアリング機能)
最新バージョン一覧表
種別 バージョン
Windows 7(32bit)/XP/2000/NT/Me/98/95(日本語) 2.30
Windows 7(32bit)/XP/2000/NT/Me/98/95(英語) 2.30

DDEサーバ T-PSV

S2T/S2Eに対応したDDEサーバソフトウェアです。S2T/S2Eのデータを設定された周期で収集し、DDE通信でExcelなどのWindowsアプリケーションに渡します。WindowsアプリケーションからS2T/S2Eへのデータ書込みも可能です。 パソコンとS2T/S2E間はシリアル(RS232CまたはRS485)またはEthernetで接続します。(Ethernet接続はS2Tのみ)

  • Excel上でS2Tのデータを簡単にリアルタイムモニタ。簡易HMIに最適
  • VBAマクロによりS2T/S2Eへのデータ設定も可能
  • Ethernetで最大64台、シリアル伝送で最大32台の接続をサポート
  • データ点数最大1024点(ワード)、データ収集周期最速0.2sでのデータ収集が可能
最新バージョン一覧表
種別 バージョン
Windows 2000/NT/98/95(日本語) 1.1
Windows 2000/NT/98/95(英語) 1.1

このページのトップへ

  • Microsoft,Windows,WindowsNTは、米国マイクロソフト社の米国および他の国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • DeviceNetは、ODVA(Open DeviceNet Vendor Association, Inc.)の登録商標です。
  • TOSLINEは(株)東芝の登録商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。