ホーム > 約45年ぶりに民営鉄道事業者向けに新型電気機関車を納入(2月19日訂正)

【お詫びと訂正】
名古屋鉄道株式会社向けの新型電気機関車納入についての公表内容における一部表現の訂正について(2015年2月19日)

2015年2月16日に当社が公表いたしました、名古屋鉄道株式会社向けの新型電気機関車納入についての内容におきまして、「約70年ぶりに民営鉄道事業者向けに機関車を納入した」旨の記載をしておりましたが、正しくは「約45年ぶりに民営鉄道事業者向けに納入した」という記載が適切でした。お詫びして訂正いたします。

(以下、2月19日に訂正後の公表内容)

*********************************************

約45年ぶりに民営鉄道事業者向けに新型電気機関車を納入

2015年2月16日

 当社はこのたび、名古屋鉄道株式会社(以下、名鉄)向けに、新型の直流電気機関車EL120形を2両納入しました。民営鉄道事業者向けの機関車としては、当社として約45年ぶりの納入となります。納入した機関車は、主に保線作業での砕石やレール運搬を目的として使用される予定です。

 今回納入した機関車は、1943年に当社が製造した電気機関車EL600形から置き換わるもので、当社の約30年にわたる日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)への機関車納入実績と、今回新たに提案した、電車との機器の共通化が評価され、受注に至ったものです。

 通常は電車と機関車で異なる電機品や装置の据付方法を、電車の床下吊り構造を機関車に応用することで機関車の小型化を実現し、同時に運転操作などの取り扱いにおいても電車との共通化を行っています。
 車体構造は実績のある箱型両運転台方式で、機関車が持つ機能性と堅牢性のイメージを踏襲しながら、デザイン性も重視し、名鉄特有のスカーレットレッド色と流線型のステンレスラインを採用しています。

 今後当社は、JR貨物向けに実績のある電気機関車に加え、今回納入したような40〜50トンクラスの新型電気機関車も新たなラインナップとして、国内の鉄道事業者に展開していきます。

今回納入された新型電気機関車EL120形
今回納入された新型電気機関車EL120形

以上