ホーム > 産業用コントローラ「ユニファイドコントローラnv-safetyシリーズtype1s」が機能安全の国際安全規格「IEC 61508 : 2010 (SIL3)」認証を取得

産業用コントローラ「ユニファイドコントローラnv-safetyシリーズtype1s」が機能安全の国際安全規格「IEC 61508 : 2010 (SIL3)」認証を取得

2015年2月24日

 当社はこのたび、国際的な第三者認証機関であるテュフ・ズード(TÜV SÜD)から、産業用コントローラ「ユニファイドコントローラnv-safetyシリーズtype1s」について、機能安全の国際規格「IEC 61508 : 2010 (SIL3)」の認証を取得しました。

 当社の「ユニファイドコントローラ」は、これまで、社会インフラ分野および産業システム分野において、多くの納入実績があります。今回認証された「ユニファイドコントローラnv-safetyシリーズtype1s」により、東芝は従来から展開している大規模システムを高速に制御する製品に加えて、機能安全システムを包括した製品をラインナップに追加しました。機能安全システムは、問題が発生した場合に、システムを安全な状態に移行させ、事故リスクの低減を図ることができます。例えば機械のメンテナンス等で人が立ち入るエリアに対しては、安全機能を持つ非常停止回路や電源ロック回路を共に用いることで、安全な環境を実現します。

 近年、鉄道、各種プラント、ファクトリーオートメーション、自動車、エレベータ等、あらゆる分野において機能安全へのニーズは高まっており、今回認証を取得したIEC 61508は、機能安全の中核となる規格で、「SIL3」はオートメーション分野において最高水準の安全性を認められたものです。認証に際しては、開発構想設計段階から詳細設計に至るまで、ハードウェア、ソフトウェア、およびそれらの開発プロセスに対して定性的および定量的観点による評価が行われました。

 当社は、産業用コントローラをはじめとする制御システムコンポーネントにおいて、今後もより安全で信頼性の高い製品のラインナップを拡充していきます。

※テュフズード(TÜV SÜD)は、ドイツに本拠を置く認証、試験、コンサルティング、トレーニングまでを展開している機関で、特に機能安全分野における認証では世界的に権威のある機関。

nv-safety シリーズ type1sと機能安全認証書・クリスタル盾
nv-safety シリーズ type1sと機能安全認証書・クリスタル盾
授与式にて(2015年1月28日)左:東芝 日下部社会インフラシステム社セキュリティ・自動化システム事業部 計装システム技術統括部長 右:テュフズードジャパン株式会社 シュタンゲ CEO
授与式にて(2015年1月28日)
左:
東芝 日下部社会インフラシステム社セキュリティ・自動化システム事業部
計装システム技術統括部長
右:
テュフズードジャパン株式会社 シュタンゲ CEO

本件に関する問合せ先:

セキュリティ・自動化システム事業部計装制御営業部 計装制御企画担当
TEL : 044-331-1690

以上