ホーム > 東海道新幹線車両向けのSiCを適用した主変換装置を開発 〜世界初の高速鉄道での走行試験〜

東海道新幹線車両向けのSiCを適用した主変換装置を開発
〜世界初の高速鉄道での走行試験〜

2015年6月25日

 当社は、東海旅客鉄道株式会社と協力し、3.3kVの高耐圧SiC(炭化ケイ素)デバイスを適用した新幹線用主変換装置注1を、東海道N700系新幹線車両へ搭載し、東京〜新大阪間での走行試験を開始しました。

 本走行試験は、SiCデバイスを適用した主変換装置を高速鉄道に導入した世界で初めて注2の試験であり、実用化に向けて大きく前進したことになります。この走行試験を通じて、走行性能や主変換装置の制御性能・温度性能等の確認、評価を実施しています。

 当社は、次世代新幹線への適用を目指し、2013年度末より高耐圧SiCデバイスを適用した主変換装置冷却ユニット等の基礎開発に着手し、その後開発を進め、今回の走行試験に至りました。

 当社が開発・製造したSiCデバイスは、高温での動作が可能で、熱の発生および損失が小さいなどの特徴をもち、高速鉄道に要求される装置の小型・軽量化の実現に貢献します。

 当社は、今後もパワーエレクトロニクス領域において、デバイスからシステムまで一貫した自社開発を進め、小型化と軽量化を両立する製品を積極的にご提供していきます。

注1
主変換装置とは架線からの交流電力を直流に変換するコンバータと直流から主電動機を駆動させる為の三相交流に変換するインバータを一体とした、車両の力行、回生を制御する電力変換装置。
注2
2015年6月25日。東芝調べ。

本資料に関するお問い合わせ先:

社会インフラシステム社 企画部
TEL : 044-331-1359

新幹線向け主変換装置とSiCデバイスの代表例
新幹線向け主変換装置とSiCデバイスの代表例

以上