Japan

MENU

  1. 東芝トップページ
  2. 企業情報
  3. CSR
  4. 社会貢献活動
  5. 次世代育成
  6. 各グループ会社・事業場の主な活動

社会貢献活動社会貢献活動

各グループ会社・事業場の主な活動

世界各地で、地域の要望に応じた活動を実施しています。

東芝希望工程小学校の建設(中国東芝グループ)

経済的支援を必要とする中国の子どもたちに、もっと勉強する機会を提供したい・・・そんな願いから「東芝希望工程小学校」の建設が始まりました。東芝大連社、東芝複写機深圳社は2001年から東芝希望小学校の建設をスタート、2005年からは中国青少年発展基金会と協働で、中国東芝グループとして毎年40万元(約600万円)、2010年からは約70万元(約1000万円)を寄贈し、毎年2校のペースで建設しています。

東芝希望工程小学校の建設 写真

また、学校完成後は各校に設備や備品、文具などの寄贈を続けています。
2013年度は新彊ウイグル自治区庫尓勒地区の新校舎建設を支援、さらに2014年度は湖南省桃源県鍾家舗郷杜坪学校の新校舎建設を支援し、いずれも2015年度に完成する予定で、これまで完成した小学校は24校、建設中の仮校舎が4校となりました。
また、既存の東芝希望小学校、東芝希望工程小学校の現状を確認するため、山東省、安徽省、遼寧省を巡回し、文房具、図書、東芝製品などの寄付も実施しました。

東芝希望工程小学校の建設 写真

その他、2013年度には新たな試みとして中国青少年基金会と共同で全国1万8千校以上の「希望工程小学校」を対象に、「東芝カップ・快楽希望小学校コンテスト」も実施しました。
これは、希望工程小学校が行っている先進的な取り組みを紹介することにより、希望工程小学校の継続的な発展を牽引し、中国の教育環境の更なる改善に貢献して行こうという活動です。同活動は社会各界から広く注目され、各省の青少年発展基金会の推薦と評価委員会の審査を経て、100校の快楽希望工程小学校が選出されました。

東芝希望工程小学校の建設 写真

カンボジアでの学校建設(東芝グループ労働組合連合会)

子どもたちの教育 環境の整備が遅れているカンボジアでボランティア活動を続けているNPO法人「JHP・学校を作る会」の主旨に賛同し、1998年より活動しています。カンボジアへは年1回のボランティア団を派遣し、井戸・トイレの設置やブランコなど遊具の製作、文房具の寄贈を行っています。派遣は加盟組合より参加者を募集して、1999年から継続しています。

カンボジアでの学校建設の写真

農村地区小学校の支援(ティーピーエスシー・インド社)

2010年度より整備の行き届いていない小学校を支援し、子どもたちの教育を活性化する活動を実施しています。
2011年度は従業員36名が農村の小学校を訪問し、植樹や飲料水の配管設備工事などを行いました。また、学習用品・スポーツ用品・昼食を寄贈しました。
2014年度はハイデラ事務所近隣の村の小学校を従業員39名が訪問し、清掃や植樹を行い、子どもたちにギフトを贈呈しました。

農村地区小学校の支援の写真

海洋研究所の継続的な支援(東芝アメリカビジネスソリューション社)

1997年、資金不足により開催が危ぶまれた西海岸の「帆船フェスティバル」のスポンサーになったことをきっかけに、「ボート作りに挑戦」「子どもたちの施設見学」など、様々な活動を通じて海洋研究所を支援しています。
「ボート作りに挑戦」は、海洋研究所が海洋史や教育目的で使う2隻の大型帆船(ピルグリム号とダナポイントスピリット号)を維持するための資金を集めることを目的に開催され、当社からもチームが参加しています。従業員と子どもたちが地域社会と一緒に活動し、チームワークなどを学ぶ機会となっています。
また、Loara小学校の1年生を海洋研究所に招待し、海洋生物の生態などについて学ぶ機会を提供しています。

海洋研究所の継続的な支援の写真
海洋研究所の継続的な支援の写真

からくり機械コンテスト(ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー)

アメリカのペンシルバニア州で「からくり機械コンテスト」を、カーネギー科学センターと共催しています。高校生のチームが身の回りにある材料を使い、「メッセージを通信する」「物を運ぶ」などのテーマにそって、20以上のステップで動作する「からくり機械」を設計・製作します。約500人の学生が参加し、高校の教師や従業員がメンターとして指導しています。毎年8月にテーマが発表され、12月に審査員を前に実際に機械を動かすコンテストが行われます。優勝したチームは2月に当社の事業所を訪問し、従業員にからくり機械を披露し、交流の時を持ちます。参加した学生には、問題解決・コミュニケーション・意思決定・チームワークなどの力が養われます。

からくり機械コンテストの写真
からくり機械コンテストの写真

東芝夢・アイディア作品コンクール(東芝姫路工場・姫路半導体工場)

小学生に科学技術に対する興味を持ってもらうため、地元の教育委員会と協働で、1992年から作品コンクールを開催しています。太子町内の4つの小学校を対象に、電池で動く工作と環境保全を呼びかけるポスターを募集します。教育委員会や工場幹部による審査会を実施し、優秀作品等を表彰しています。毎年500名ほどの応募があります。

東芝夢・アイディア作品コンクールの写真
東芝夢・アイディア作品コンクールの写真

高等専門学校プログラミングコンテスト協賛(東芝ソリューショングループ)

IT業界を担う若者を育成するため、2006年から全国高等専門学校プログラミングコンテストに協賛しています。また、国際文化交流の観点からアジアの同世代の学生を参加を支援しています。コンテストの審査、授賞式にも参加し、東芝ソリューション賞を授与しています。

高等専門学校プログラミングコンテストの写真

別ウインドウマーク …このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

ページトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ