Japan

MENU

科学教室

国内外で地域からの要請により、会社施設あるいは学校や地域の施設に出向いて、社業を活かした実験教室等を開催し、科学とのふれあいの場を広げています。

あかりの教室(東芝ライテック)

横須賀本社・鹿沼工場・今治事務所で、主要製品であるLEDを使った工作教室をNPO法人等と開催しています。従業員が講師となりLEDライトの制作指導を行います。また、近隣小学校による職場見学の際には、LED電球と白熱電球の消費電力の違いを説明し、地球温暖化問題について考える機会を提供しています。

あかりの教室の写真

モーターの教室(川俣精機)

町が主催する「川俣こども科学館」で、2006年より町内の小学生30~50名を対象に、電気が起こるしくみの学習や、主要製品であるモータ作りを若手設計者が講師となって実施しています。

モーターの教室の写真

女子学生のための理工学教室(ウェスチングハウスエレクトリックカンパニー社)

「原子力の仕事をする女性たち」(Women in Nuclear)に所属する従業員を中心に、理工系の女子学生を育成する活動に力を入れています。地元の小学5年生の女子児童を対象に毎月科学教室を開催しています。また、ガールスカウトを対象に電気回路を組み立てる教室も開催しました。その他、女子中高生が理工系の進路を考えるイベントや、理工系女子大生との対話会にも積極的に参加しています。受講生が工学系の学部に進学するなど、成果をあげています。

女子学生のための理工学教室の写真

新しいエネルギーの教室(東芝燃料電池システム)

中学校の校外学習や東芝未来科学館の発明クラブなどで、新エネルギー「燃料電池」の原理や環境への影響の講義、家庭用燃料電池システム(エネファーム)の紹介、工作キッドを使った発電体験を通じて、燃料電池についての理解を深めてもらっています。

環境の教室~キッズISO(東芝テックソリューションサービス)

家庭での省エネを推進するプログラム「キッズISO」に取り組み、2004年から従業員がインストラクターとなって、小学校での評価・指導し、環境出前授業も行っています。家庭環境のさまざまな児童が、家族をリードし主体的に取り組むことのできるような具体的な指導を心がけています。

環境の教室~キッズISOの写真

環境の教室~地域の小学校(東芝四日市工場)

工場近隣の3つの小学校で、環境をテーマに連続教室を開催しています。家庭のエネルギー消費やゴミの排出量を減らすことなど、子どもたちが家庭のリーダーとして活動していく内容とすることで、子どもたちの環境に対する「気づき」を導くよう努力しています。

環境の教室~地域の小学校の写真

特別支援学校での教室(東芝テックソリューションサービス)

知的発達障がい児のための特別支援学校で、2009年から、年間を通じて体験型出前授業を実施しています。身近な科学を体験する「犯罪科学捜査」、社業を活かした「レジ係体験」、自然観察活動など、日頃社会経験の少ない生徒たちに多様な学びの機会を提供しています。

特別支援学校での教室の写真

別ウインドウマーク …このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

ページトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ