Japan

MENU

東芝未来科学館

科学技術の楽しさを身近に体験できる東芝未来科学館

東芝の社会貢献活動の主軸である科学技術教育支援の拠点として、2014年1月、JR川崎駅近隣にリニューアルオープンしました。過去・現在・未来の3つコンセプトから成る展示と充実した体験型プログラムを通じて、幅広い世代の方が楽しみながら科学技術について学べる施設として、社会科見学、修学旅行、企業研修、国際交流、観光など多目的に利用いただいています。

東芝未来科学館の写真

前身の「東芝科学館」開館当初からアテンダントによる案内スタイルを踏襲し、見学者のニーズに合わせたご案内をホスピタリティーをこめて日本語・英語・中国語で提供しています。国内外から多くの方々に来館いただき、2016年10月には、旧東芝科学館を含めた累計来館者が1,000万人を突破しました。

東芝未来科学館の写真

館内展示

産業遺産の保存・展示施設として、また、東芝ブランドの発信拠点及び地域社会との文化交流拠点として、過去、現在、未来にわたり人々の周りにある科学、技術をわかりやすく展示しています。
様々な先進技術で人々の暮らしを変えてきた、東芝のあゆみを振り返ることができるヒストリーゾーン、実験やワークショップを通じて、子ども達が科学技術を楽しく学ぶことが出来るサイエンスゾーン、そして、東芝が目指すスマートコミュニティの未来に触れることができるフューチャーゾーンなどの常設展示に加え、特定のテーマに関し、期間を区切って展示する企画展示なども行います。

館内展示の写真

館内中央にあるサイエンスステージでは、月ごとにテーマを変え科学を身近に感じてもらえる楽しいサイエンスショーを毎日開催しています。

館内展示の写真

教育プログラム

一般の来館者向けに、土・日・祝日や夏休みなどには工作教室や実験・体験教室などのイベントを企画し、運営を行っています。団体向けにはアテンダントによるサイエンスショーや環境セミナーなど見学の他にも様々なプログラムの提供をしています。また、毎年4月に開講し1年間会員制で活動する「川崎さいわい少年少女発明クラブ」では従業員ボランティアを含む講師の指導のもと、創意工夫にあふれる活動を行っています。

教育プログラムの写真

科学実験工房

子どもたちの科学の扉を開くお手伝いをする工房です。学校では体験できない実験や工作を通し、科学の原理をじっくり学んでいきます。小学校低学年生から中学生を対象とし、ホームページからの申込制で毎月申込者多数の為抽選となっています。講師は旧館からお付き合いのある「NPO法人ガリレオ工房」「リアルサイエンス探検隊」「かわさきアトム工房」をはじめ東芝従業員による「東芝創造クラブ」や「リカタンず」「東工大ScienceTechno」など多く団体にご協力頂き開催しています。

科学実験工房の写真

「川崎さいわい少年少女発明クラブ」

東芝の技術や製品の基盤となる「科学の原理や仕組み」を体験・体感的に理解し、生活に役立つ発明の芽を育てる活動を行います。
川崎さいわい少年少女発明クラブは、2004年6月に発足した小向東芝少年少女発明クラブの活動を引継ぎ、東芝研究開発センター所長が会長兼監修、東芝未来科学館館長が副会長を務め、指導員には著名な先生や株式会社東芝及び東芝グループ会社従業員が担当し、活動を支えます。各回与えられたテーマに沿って活動し、工作などを通じて創意工夫のおもしろさや自由な発想を促します。

「川崎さいわい少年少女発明クラブ」の写真

サイエンスクラブ

未就学のお子さまでも作ることができる工作や読み聞かせなど楽しいことがいっぱい。あそびの中から科学するこころを育んでいきます。

サイエンスクラブの写真

企画展

こちらでは年に数回、企画展示やイベントを開催します。近い将来に向け当社が注力していくテーマや産業博物館として当社の製品、技術、歴史などの特定のテーマを深堀りした展示を行い、科学や産業技術への理解を常設展示以上に深めてもらいます。夏休みなどの長期連休にはファミリー向けの特別イベントも開催します。

企画展の写真

別ウインドウマーク …このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

ページトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ