Japan

MENU

体験型科学教育の普及支援

東芝はその技術力を支えに数多くの電気製品を世の中に送り出し、社会の発展に貢献してきました。そして、社会のさらなる発展のために青少年への科学技術教育の推進に力を注いでいます。

近年、日本では、子どもたちの学習意欲の減退が課題となっており、科学技術の礎となる理数教育の質的向上を目指す取り組みは、国だけでなく教育関係のNPO法人でも熱心に行われています。

体験型科学教育の普及支援の写真 教育委員会依頼の教員研修

そうした中で今注目を集めているのが、「科学を楽しむ心や学習意欲は、驚きと感動に満ちた体験から生まれる」ということに着目した「体験型の科学教育」です。東芝は数学者の秋山仁氏が理事長を務める、NPO法人 体験型科学教育研究所(リアルサイエンス)と協力して、体験型科学教育プログラムの開発・普及を推進し、科学技術を通じて国際社会に貢献できる人材の育成に取り組んでいます。

体験型科学教育の普及支援の写真 東芝体験型科学教室

指導者向け講習会の開催

詰め込み型の知識ではなく、体験を通じた学びのプロセスを重視し、子供たちにとって真に大切な「ひらめき」「発想」「創造力」といった能力を伸ばすための教育ノウハウを持つ「科学教育の職人」(リアルサイエンスマイスター)を養成する、リアルサイエンスマイスター講座の開催をはじめ、全国の教育委員会等からの依頼による教員研修や、体験型科学教育フォーラム等を通じて、教員や教育関係者を対象とした、体験型科学教育プログラムの普及を推進しています。

体験型科学教育の普及支援の写真 リアルサイエンスマイスターI養成講座

子ども向けワークショップの開催

東芝未来科学館・科学実験工房、渋谷区こども科学センター・ハチラボ、屋外体験活動等アメリカで実績のあるGEMSというプログラムを中心とした体験型の科学教育プログラムを通じて、子どもたちに理科や算数・数学の面白さを伝えています。
具体的には、東芝未来科学館での「科学実験工房」、渋谷区こども科学センター・ハチラボでの科学教室、リアルサイエンス主催による屋外体験活動(ムササビ観察会、地引網等)、その他、小中学校への出張授業を開催しています。

※GEMSとはGreat Explorations in Math and Science:「科学と数学の偉大な冒険」の略で、米国Lawrence Hall of Science(ローレンス科学教育研究所)が開発した、幼稚園児から高校生までを対象とする体験型科学教育プログラム。20年以上の歴史を持ち、全米10%の学校で実際に採用されている。取り扱う分野は広く科学全般に及び、身近な材料を使って場所を選ばずに実施できるカリキュラムが用意されおり、指導者用マニュアルが整備されているため、専門知識がなくても指導が可能。

子ども向けワークショップの写真 教育関係者を対象としたハチラボでの科学教室

体験型理科教育カリキュラムの開発

GEMSの考え方を基本とした、リアルサイエンスマイスター養成カリキュラムの開発や、川崎市立宮前小学校、東海市立三ツ池小学校等との協働による、小学校高学年向けの体験型理科教育カリキュラムを開発し、実際の出張授業等に活用しています。

NPO法人体験型科学教育研究所 リアルサイエンスホームページ
※NPO法人 体験型科学教育研究所のサイトへ移動します

体験型理科教育カリキュラムの写真 宮前小学校での体験型理科授業

別ウインドウマーク …このマークのついているリンクは別ウインドウで開きます。

ページトップへ

東芝トップページ | 個人情報保護方針
| サイトのご利用条件 | お問い合わせ