Toshiba

Japan

東芝トップページ > 東京スカイツリー® ×東芝 > INNOVATION

東京スカイツリー® × 東芝

東京スカイツリー®に東芝製品が採用されたポイントは?

「東京スカイツリー® × 東芝」トップへ

東京スカイツリー®に採用されたエレベータ

採用のポイント

「TAIPEI101」(台北市)に納入した世界最高速エレベータ(1,010m /分)や「泉ガーデン」(東京都港区)に納入した国内最大級の大容量高速エレベータ(定員75人)における高い技術力を応用。
高出力の巻上機や高強度ロープ、各種安全装置、かご上下の整風板等、最新技術を採用。
さらに、高精度のモーター制御と高強度・高精度のエレベータガイドレールにより、大容量・超高速、そして高い安全性・快適性を実現。

導入製品の特徴
高出力巻上機の採用
永久磁石を用いた大容量2巻線モーターを採用。
高強度ロープの採用
直径20mmのワイヤーロープ10本を使用。天望シャトルエレベータのロープの長さは約400m。ワイヤーロープ強度を高めるため、通常麻や樹脂製の素材で作られているロープの芯を鋼鉄製に変更。
高精度の制御の実現
高速で動くエレベータの加速・減速時の滑らかなモーター制御。
各種安全装置の採用
大容量・超高速エレベータに対応するセフティ装置(ダブルセフティ)、緩術機、調速機を採用。
かごの上下に整風板を採用
かご周りの空気の流れを整流化することで騒音や振動を低減し、乗り心地を改善。
高強度・高精度のエレベータガイドレールを実現
レールのつなぎ目についても限りなく段差がない状態で据付を行い、揺れのない快適な乗り心地を提供。

東京スカイツリー®天望デッキの外調機※に「シングルエース」が採用  ※外気処理用の空気調和機

シングルエースの図

採用のポイント
シングルエースとは

室内機と室外機が一体になったインバーターパッケージエアコンです。
高効率インバーターを搭載しておりランニングコストを低減できます。
室内外機一体形屋外設置のため機械室等の必要がなく、営業中であっても室内に入ることなく保守・点検が可能です。

営業担当の声 国内事業穂運部 施設営業担当 川嶋宏則

川嶋さんの写真

未知なる高さへの空調機設置のご要望に対して、サブコン様と弊社代理店様と当社が連携して、特殊環境にマッチした「シングルエース」をご提案しました。現場に合わせて試行錯誤を重ね、新しい東京の顔となる東京スカイツリー®様に無事ご採用頂くことが出来ました。今後は保守メンテナンスを弊社サービス部門にてしっかりと行い、これから訪れるたくさんのお客様方に、安全で快適な空間をお届けしたいと思います。

放送機械室に「スマートエコ」が採用

スマートエコの図

採用のポイント
スマートエコとは

高効率インバーターを搭載し、省エネを実現しています。
軽量、コンパクトな室外機なので狭い設置スペースにも設置が可能で、エレベータ搬入も可能です。

営業担当の声 国内事業穂運部 ソリューション営業担当 辻 健太郎

辻さんの写真

今まで経験したことがない高さでの設置のため、室外機への風の影響を一番心配しました。防風対策として室外機を飛ばされないように鉄骨で囲ったり、横風防止パネルを取り付けるなど、環境に合わせて工夫を施しました。
この鉄骨・パネルを東芝府中工場で特注で製作したように、当社だけではなく、東芝グループの総合力を発揮して、ご対応させて頂きました。

東街区に「スーパーモジュールマルチi」が採用

スーパーモジュールマルチiの図

採用のポイント
  • 1.ミキシングロス*の解決策を提案
    *冷房負荷と暖房負荷が混在する室内で生じる混合損失の事。
    無駄なエネルギーとなる。
  • 2.DCツインロータリーコンプレッサーの部分負荷時における省エネ
    性(中間COP)の高さが評価
    *スクロールコンプレッサーと違い、無駄な圧縮(エネルギーロス)が無い
スーパーモジュールマルチiとは

最先端の省エネ技術を搭載したビル用マルチ空調システムです。高速演算ベクトル制御インバーター、DC ツインロータリーコンプレッサーを搭載、冷媒循環量を適性化しエネルギーロスを最小限に抑え、省エネはもちろん快適性も実現します。

パートナー様の声 緑屋設備機器株式会社 施設営業部施設課 武 信男様

武さんの写真

スーパーモジュールマルチiの高い汎用性が評価され今回の採用に至りました。 サブコン様、東芝キヤリア様の多大なご協力により大きな問題も無く竣工出来ました。
今回の経験を今後の物件に活かして行きたいと思います。

  • 「東京スカイツリー® × 東芝」トップへ
  • このページのTOPへ