Toshiba

Japan

 

 

東芝のルーツ

 

明治中期に出現した浅草のランドマーク

明治23年11月に開業した凌雲閣は高さ52m、
当時としては超高層の八角形をした塔で、
8階〜12階の展望室からは東京界隈はもとより、
関八州の山々まで見渡すことができました。
入場料は大人8銭、子供4銭。
浅草のランドマークとして、石川啄木や田山花袋、
芥川龍之介など多くの作家がその作品に登場させています。

 

1890年、日本初の電動式エレベータ

藤岡市助とその門弟の三宅順祐は、
12階建ての8階までを運ぶ
日本初の電動式エレベータを設計・設置しました。
10人乗りエレベータが2基、
1階から8階までを約1分かけて昇降し、
多くの観光客を楽しませました。

 

比べてみよう 東京スカイツリー®と凌雲閣を比較してみると

建設位置:
実はこんなに近く、隅田川をへだてて東に東京スカイツリー®が開業し、西にはかつて凌雲閣(浅草十二階)があったのです。

昔の地図

  • 昔の地図
  • 今の地図
高さ:
122年の時を経て、582m高くなりました!

高さ:122年の時を経て、582m高くなりました!

このページのTOPへ

東京スカイツリー®×東芝 凌雲閣×藤岡市助