試合結果

試合詳細

試合の写真

第89回 都市対抗野球大会
西関東予選代表決定リーグ戦
第2戦

2018年5月26日(土) 15:00〜17:54
試合時間:2時間54分 横浜スタジアム

東芝ブレイブアレウス 5 − 2 JX-ENEOS
 5 
東芝ブレイブアレウス
 2 
JX-ENEOS
試合結果のスコアボード
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
東芝 0 1 0 2 2 0 0 0 0 5
JX-ENEOS 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2

【本塁打】--- 【三塁打】松本 【二塁打】吉田、石川、柴原、堀米
【バッテリー】 【投手】加嶋―岡本―福本 【捕手】柴原

概要

第89回都市対抗野球大会西関東予選の代表決定リーグ戦は、横浜スタジアムでJX-ENEOSと対戦した。1回相手チームの攻撃で先発の加嶋がヒットと犠打で一死2塁とされると、二死からの遊ゴロを服部が後逸し2塁ランナーが生還して1点を先制される。2回東芝の攻撃では吉田がフェンス直撃の二塁打と服部の犠打で一死3塁とすると、二死から小川のレフト前タイムリーで同点に追いつく(1-1)。4回東芝の攻撃では無死から服部の四球と大河原の犠打、小川のニゴロで二死3塁とすると、柴原のライト線二塁打で1点を勝ち越す。なおも二死2塁から堀米のライト線二塁打で1点を追加する。相手チームの攻撃では加嶋が無死から二塁打と内野ゴロで一死3塁とされる。死球を与え1、3塁とされると、犠牲フライを打たれ1点を返される(3-2)。5回東芝の攻撃では無死から佐藤旭がヒットで出塁。続く松本のライトオーバーの三塁打で1点を追加する。なおも一死から服部の犠牲フライで1点を追加する。そのまま5-2で勝利し、10年連続40回目の本大会出場を決めた。

ご声援ありがとうございました。

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像

試合のイメージ画像