ホーム > 事業情報 > 電力流通 > 保護リレー/ネットワーク情報端末 > 保護リレー Nシリーズ

保護リレー Nシリーズ

小形・軽量で自己監視、表示機能を持つデジタル形継電器

特徴

保護リレー Nシリーズ イメージ

  • ディジタル形継電器で高精度を実現(16ビットCPUを採用)
  • 耐震性・耐衝撃性を向上
  • 自己監視機能により高信頼性を実現
  • 表示機能の充実
    • 入力電圧、電流レベル表示
    • 整定値表示
    • 時限カウント状態表示
  • 整定が容易
  • 固定形と引出形の2種類の構造をラインナップ
  • 小形・軽量・低負担 (小形モールドケースの採用)
  • 強制動作・復帰機能によりシーケンスチェックが容易
  • 準拠規格
    • JEC-2500-1987
    • JIS C 4602-1986 (過電流継電器の一部機種)
    • JIS C 4609-1990 (地絡方向継電器の一部機種)

機種一覧

それぞれの機種の詳細は下表の各タイプをクリックしてください。

機種一覧表
名称 形式
DC電源タイプ 監視接点付
DC電源タイプ
電源不要タイプ AC電源タイプ
過電流継電器  
過電圧継電器  
不足電圧継電器 (※1)  
地絡過電流継電器  
地絡過電圧継電器  
地絡方向継電器    
電力継電器    
比率差動継電器    
周波数継電器      
高圧受電用
(JIS規格)
地絡方向/
地絡過電圧継電器
      (※2)
電源不要タイプは、入力電流、入力電圧より継電器内部の電源電圧を導出しており、下記入力の場合に自己監視機能が動作可能となります。なお、入力レベル数値表示も下記入力の場合に表示可能となります。 (過電流継電器:AC2.0A以上、過電圧・不足電圧継電器:AC50V以上)
※1
出力接点はラッチングリレーを採用しており、電源喪失した場合でも継続して閉路状態を保持します。入力電圧印加(復電)後、出力接点が復帰するまでに3秒程度を要します。
※2
本地絡方向継電器は、電子回路を用いたアナログ形原理を採用しており、自己監視機能・数値表示機能はありません。また、ZCT、ZPCは別に手配してください。

このページのトップへ

操作・表示説明

操作・表示説明 イメージ

  1. 数値表示LED
    • 表示選択スイッチを押すごとに、表示選択表に示す内容を表示します。また、表示選択表内のLED(黄)と連動します。強制制御中は”○○○”の点滅表示となります。整定スイッチ操作にて、その整定状態表示に切替わります。
  2. 表示選択表(LED)
    • 表示選択ボタンを押すことにより、表示選択表に示される内容をLED(黄)にて表示します。
  3. カバー
  4. 強制制御スイッチ
    • 強制制御スイッチと整定完了スイッチを同時に押すことにより、強制動作制御を行うことができます。(但し、スイッチ操作から約1秒後に作動し、押している期間のみ有効)
  5. 動作表示
    • 継電器動作により黒→オレンジ表示に反転します。
  6. 電源表示LED(黄)
    • 正常に制御電源が印加されている場合に点灯します。
  7. 異常表示LED(赤)
    • 自己監視機能により異常を確認した場合に点灯します。
  8. 時限カウントLED
    • 時限カウント中に点滅表示します。
  9. 整定完了スイッチ
    • (押しボタンスイッチ)
  10. 表示選択スイッチ
    • (押しボタンスイッチ)
  11. 整定スイッチ
    • (ロータリースイッチ)
      整定スイッチの操作により、そのポジションを数値表示LEDに点滅表示します。整定したい状態に合わせた後、整定完了スイッチを押すと完全点灯状態となり整定更新されます。