ホーム > 事業情報 > 電力流通 > 保護リレー/ネットワーク情報端末 > 保護リレー Vシリーズ

保護リレー Vシリーズ

誘導円筒形継電器および誘導円板形継電器との互換性をもつディジタル形継電器

特長

保護リレー Vシリーズ イメージ

  • ディジタル形継電器で、高精度を実現。(16ビットCPUを採用)
  • 単独でトリップに使用されるリレーは、2回路構成とし高信頼性を実現。
  • 常時監視機能及び相互監視機能(※1)を有し、不良発生時には外部警報を出力可能。
  • 表示機能の充実。(表示内容は、ロータリースイッチにより選択可能)
    • レベル表示(入力電流、入力電圧など)(※2)
    • 整定値表示
  • 整定が容易。(ロータリースイッチにより整定可能)
  • 従来の誘導形継電器のターゲット表示と同様に、トリップ電流を検出したことにより動作LEDを点灯保持します。
  • 強制動作機構によりシーケンスチェックが容易。
  • 従来の誘導形継電器と同じD形ケースを採用。
  • 耐ノイズ性能向上。
    • (電力用規格(B402)で規定されているノイズ試験に準拠)
  • 耐震・衝撃性能向上。
※1
2回路構成の継電器のみ
※2
三相電圧および電圧平衡継電器には入力レベル表示機能がありません。

機種一覧

それぞれの機種の詳細は下表の各タイプをクリックしてください。

機種一覧表
名称 形式
過電流リレー 即時タイプ VCO31D(1要素)
VCO51D(1要素)
VCO53D(3要素)
限時タイプ VCO61D(1要素)
VCO63D(3要素)
限時タイプ
(モータ保護用HDO要素付)
VCR61D(1要素)
VCR62D(2要素)
限時タイプ
(電圧抑制付)
VZS61D(1要素)
地絡過電流リレー 即時タイプ VCG51D(1要素)
不足電圧リレー 即時タイプ VVU31D(1要素)
VVU51D(1要素)
VVU53D(3要素)
限時タイプ VVU61D(1要素)
VVU63D(3要素)
地絡過電圧リレー 即時タイプ VVG51D(1要素)
限時タイプ VVG61D(1要素)
三相電圧リレー 即時タイプ VVP31D(不足電圧と過電圧の一体形リレー)
電力リレー 即時タイプ VWO31D(1要素)
限時タイプ VWO41D(1要素)
地絡方向リレー 即時タイプ VDG31D(1要素、高抵抗接地系用)
限時タイプ VDG41D(1要素、非接地系用)
限時タイプ VDG71D(1要素、5〜10A接地用)
周波数リレー 即時タイプ VRF51D(不足周波数と過周波数の一体形リレー)
過電圧リレー 限時タイプ VVO61D(1要素)

このページのトップへ

操作・表示説明

※機種により構成(配置)が異なります。

操作・表示説明 イメージ

  1. 数値表示7セグメントLED
    • 表示選択スイッチで選択された内容を表示します。
    • 整定スイッチ変更により選択された整定値 を点滅表示します。
    • 整定完了スイッチを押すことで、完全点灯表示となり元の選択表示されている内容に戻ります。
  2. 表示選択スイッチ(ロータリースイッチ)
  3. 整定完了スイッチ(押しボタンスイッチ)
  4. 異常表示LED(赤色)
    • 常時監視により異常を検出した場合に点灯します。
      (正常時は消灯しています。)
  5. 電源LED(黄色)
    • 正常に電源電圧が印加されている場合に点灯します。
  6. 動作表示LED(2色LED)
    • 継電器動作時に黄色が点灯します。
    • トリップ電流検出時に赤色が点灯します。(復帰レバーによりリセットするまで表示保持します。)
      ※トリップ表示保持無しのリレーはトリップ動作表示をしません。(赤色LEDは表示しません。)
  7. 強制制御用ジャック
  8. 強制動作スイッチ・強制復帰スイッチ(押しボタンスイッチ)
    • ※強制制御用ジャックにプラグを差し込んだ状態で強制動作スイッチを1秒以上押すことで強制動作させることが出来ます。
      この強制動作状態はプラグを抜くまで保持します。(強制復帰も同様の手順です。)
  9. 整定スイッチ(ロータリースイッチ)
  10. 試験端子
    • 弊社用の試験端子です。

このページのトップへ

取替方法

  1. V形リレーは誘導形リレーと同じ引出し形構造のケース(Dケース)を使用しております。 このため、既設の誘導形リレーをV形リレーに取替える場合には、電源などの端子追加のためケースごとの交換を行う必要がありますが、配電盤の穴あけ加工は不要です。
  2. V形リレーはディジタル形であり、誘導形リレーには無い制御電源端子、故障警報出力端子および接地端子を付加してあります。 このため既設の誘導形をV形リレーに取替える場合はこれらの配線の追加が必要となります。
    なお、V形リレーは各機種で外部端子の共通化を図っており、一部の機種では追加端子以外に既設誘導形リレーと端子番号が異なっている場合があります。