ホーム > 事業情報 > 電力流通 > 電力用変圧器 > 東芝の変圧器製品ラインアップ 分路リアクトル

分路リアクトル

概要

東芝は1978年に初の500kV分路リアクトルを製作して以来、信頼性の高い数多くの大容量、高電圧分路リアクトルを製作しております。

世界最大容量 400/3MVA-765√3kV分路リアクトル/大容量リアクトル試験用変圧器 イメージ

特長

  • 大規模な試験設備を有しており、最大容量分路リアクトルの試験が可能です。
  • ラジアルブロック鉄心、ギャップ間セラミックスペーサの採用により、低振動化、低損失化、およびコンパクト化を実現しています。